呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国都市別映画チケット収入

豊かになればエンタメ消費が増加するのは自ずのこと。近年中国の映画興行収入がどんどん増えているのがよく言われています。ハリウッド映画なんかでも中国人俳優を起用したり、中国を舞台にするような作品も出てくるようになってきています。

 

さて、2015年の都市別映画チケット収入ランキングを見てみましょう。

トップ4はいわゆる一線都市、まさに北・上・広・深の順番ですね。この4都市だけで約22%のシェアになります。この4都市の平均チケット価格は40元ちょっとです。中国は時間帯によってチケット価格も違うので、これより高いチケットももちろんあるのですが、平均するとこんなところなのでしょう。ちなみに平成26年の日本の平均入場料が1,285円です。そして同じく平成26年の日本の映画館入場者数は1.6億人ですが、中国の上位3都市とほぼ同じくらいになりますね。

 

 

次に映画館別を見てみましょう。よその土地のことは知らないので上海だけ見ていきます。

第3位;上海万立影城五角城店

第11位:上海万立影城宝山店

第15位:上海星美正大影城

第25位:上海百麗宮影城(環貿iapm店)

第32位:上海万立影城周浦店

 

ざっと見る限りそれなりに栄えているところではあるのでしょうが、いわゆる繁華街にあるのは第25位のiapmくらいでしょうか。第3位、第11位、第32位あたりは上海市の真ん中とは言えない場所です。中心よりも映画を見に来る人が多いんですね。

 


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目