呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

なんでもネット

 中国のネット販売は日本でもよく知られるようになってきていますが、ネットで普通の買い物する以外にもランチの出前なんかもネットでできたりします。このあたりまでは利用したことのある人もも多いかと思うのですが、最近ちょっと面白いサービスを使ってみました。洗濯とお掃除です。

 

 まずは洗濯から。ネットによるクリーニングサービスです。

 

 

 ネットで注文すると洗濯ものを取りに来ます。今回はスラックスを出したのですが金額は19元(約380円)。決して安いとは言えないですが、やはり取りに来てくれるのはありがたいです。もちろん選択を終えればまた持ってきてくれます。とても楽ちんです。ちなみに3日後にはできるとのこと。クリーニング屋まで行かずに済むのは便利です。クリーニング屋の集配サービスがネット化したものと考えればわかりやすいですね。

 

 次は洗濯よりもありがたいと思ったサービス、家事サービスです。

 

 

 オフィスビルのロビーでこのサービスを提供する会社が営業していたのですが、景品欲しさにやりとりしたのが、結局はアカウント登録してしまい、結局ちょっと試しに使ってみることにしました。1時間30元、2時間だと60元ですが、30元の優待チケットをもらいました。これはネットで掃除をして欲しい日時を指定するとお手伝いさんが家にやってくるというサービスです。初回は土曜日午前中に来てもらいました。余りに家の中が乱れていたせいか、当初2時間の予定がトータルで3時間掃除してもらい、合計90元のところ優待券を使って60元。かなりきれいになりました。アイさんは次の家に行くのが間に合わないかもしれないと言いつつ、とことん掃除してくれました。駐在員だと週に1-2階アイさん(お手伝いさん)に掃除しに来てもらっている人も多いかと思いますが、そんなに頻繁に来てもらうつもりがない人にとってこれはいいサービスだと思います。今現在アイさんに定期的に来てもらっていないので相場観をよくわかってないのですが、このサービスで1時間30元は、たまに来てもらう分にはとてもいいのではないかと思います。仮に週に一回2時間として、毎月8時間とすると240元、ざっと5000元弱で毎週綺麗にしてもらえるのです。組織としてやっているので、何かがあった時のクレームもおそらくしやすいでしょうし、私はとても満足しました。支払いは現金または微信支付。

 

 しかし、なんでもかんでもネットで事が済むようになってきてます。このあたりは日本よりは全然進んでますな。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目