呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

2014年の中国各地の最低賃金

 中国にも最低賃金制度というものがあり、それがどんどん上がっていってるのですが、2014年に入ってから重慶、陕西、深圳、山東、北京、上海、天津、山西、青海、甘粛、雲南、四川、江西、貴州、内蒙古等の15个地区で最低賃金が引き上げられました。こちらです。

 

 昔のイメージはどこへやら。上海の時給なんて17元もします。昔アイさんを10元で雇っていたのにえらい跳ねあがりようです。この最低賃金、少なくとも2年に一度は改訂しないと池名とのことなので、2年後どこまで跳ね上がっているかが心配ですね。工場系は最低賃金を気にしつつワーカーさんの待遇を決めるケースが多いかと思いますが、オフィスワーカーの場合は最低賃金の水準を見ると全く関係ないですね。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目