呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国上場会社CEOの年収

 フォーブス中国語版が2014年の中国上場企業CEOの年収を発表しました。A株市場のトップは中集集団総裁の麦伯良さんで870万元、連想集団の楊元慶さんが香港株トップで1.3億元となってます。A株CEOの収入は大きく減少しておりまして、中資香港株企業のCEOで100万元を超えている人も減少しています。

 A株と中資香港株のなかで、39名が小売企業です。達芙妮の陳英潔さんが859万元で小売業トップ、銀泰商業の陳暁東さんが664万元で第2位、好孩子の宋鄭還さんが595万元で第3位です。

 業態で見ますと、アパレル業が18名で最も多く。、百貨商場類が12名、スーパーやコンビニの人は入っていません。そして50歳以下が20名もおり、最も若いのが鄂爾多斯(ERDOS)の張奕齢さんが100万元となっています。

 結構上下の差が激しいですが、こんなものでしょうか。中国の貧富の差を考えると870万元(約1.5億円)というのは大きいですいです。100万元台の人も多く、もっともらってそうなイメージがありましたが。これからは欧米みたいに10億円単位でもらう人も出てくるのでしょうか。何せ富が上位にかなり集中している国ですからね。

 


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目