呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

投資先代表者3原則

 昨日とある中国系企業に行ってきました。ファンド会社から資金が近々入ってくるそうなのですが、そのファンド会社との間のやり取りで面白い話を聞きました。

 ファンド会社は投資するからにはその会社の財務内容がしっかりしているか、事業の状況はどうか、将来性はどうか、そして代表者の人物を見るというあたりだと思いますが、代表者の人物を見るにあたりこんなことを聞かれたそうです。

 ・博打をしないか

 ・酒を飲まないか(正しくはあまり飲まない)

 ・歌を歌いにいかないか(女遊びかな?)

 そのファンド会社が言うには、これらが全部そろっているとお金を持ち逃げされる心配がないそうです。その中国系企業はそんなところまで見るのかと笑い話にしてましたが、こんな人ってそうそういないと思うのですよ。中国人は博打好きで、白酒をはじめとして酒を飲み始めれば何でも乾杯で、盛り上がるとホステス好きのカラオケに行く、企業家であればこんな人いっぱいいると思うのですそういう意味でこの社長って結構珍しい人だと思いますね。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目