呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国の2014年上期10大ファストファッション出店状況

 2014年上半期のファストファッション10大ブランドの出店状況をご紹介します。10大ブランドで純増が95店舗という状況です。

 トップはユニクロです!新たに32店舗増やしており、特に5月に多く、単月で19店舗も出店しています。ちなみに1日と31日でそれぞれ8店舗出店しています。これで合計289店舗、最も店舗数の多いファストファッションブランドです。

 ユニクロに続くのがH&M、上半期で24店舗オープンしてます。2、3月以外は各月とも4店舗以上増やしております。これで合計209店舗です。ちなみになぜか中国ではHMと呼ぶ人が多いです。

 

 この二つのブランドの次に来るのはZARAです。同社は2014年上半期にわずか2店舗しか増加しておらず、ユニクロとH&Mとくらべて展開スピードが鈍ってきているといえます。このほかのブランドでスト、MUJI、GAP、MANGO等の増加店舗数はいずれも10店舗以内と比較的落ち着いたペースとなっています。

 新しいブランドとして今年2月に中国進出したイギリスのNew Look、ここは出だしから飛ばしていまして、5ヶ月で12店舗も出店しています。一気にきてますねえ。この勢いがどこまで続くでしょうか。

 全体的に見ますと、ファストファッションの出店は落ち着いてきており、そして出店場所は三・四線都市に広がっていってます。仏山、襄陽、温岭、臨沂、濰坊等の都市にもファストファッションが出てきております。現地ブランドからすると大脅威でしょう。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目