呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国の貯蓄率

 今日は中国の貯蓄率について紹介します。

 

 貯蓄率といいながらまず借入についてから。

 

 この図では38%の中国家庭に負債があり、73%の家庭に住宅ローンがあるということを示しています。

 30-40歳の負債を持つ家庭では、借入総額の平均が家庭年間収入の11倍を超えており、収入の下位25%の家庭の借入額は年収の32倍を超えているということが示されています。

 日本では住宅を購入する際に住宅ローンという借入を行うにあたり、借入額の目安として年収の5-6倍が多いそうですが、中国では物件価格が高い成果この程度だと足らないのでしょうか。銀行の住宅ローン審査も日本とは基準が異なってくるでしょう。昔住宅ローンの審査担当をしていた時は確か年収の40%以内を一応の目安にしていたと思うのですが、中国だと年収の11倍として、返済率をもっと高く見ていないと難しいですよね。

 

 

 次に、貯蓄率そのものを見ていきます。1位カタール、2位クゥエート、3位中国となっています。解説がないのですがおそらくこれはGDPに対する中国全体の貯蓄の比率です。1992年と比べると16ポイントも上昇してます。

 

 ところが、住民貯蓄を見てみると、1992年と2012年ともに中国全体貯蓄の20%と変化がなく、つまり中国全体の貯蓄が増えているといっても、個人レベルで見ると決して増えていないということが言えるかと思います。ちなみに2008年の日本の家庭金融資産のGDPに対する比率は27%くらいでした。

 

 次を見ていきましょう。中国政府の預金残高は2003年以降年間平均37%も増加してきています。

 

 

 収入上位10%の家庭が占める貯蓄金額は74.9%、その次の35%の家庭が占める貯蓄金額は25.1%、そしてその残りの55%の家庭にはほとんど貯蓄がないというデータが出ています。半分以上の家庭に貯金がないということですね。日本だと貯金のない家庭というのはどのくらいあるのでしょうか。

 

 ちなみに最近話題の理財商品ですが、それに投資している比率のことでしょうか、ここでは「愛理財」という表現になっていますが、2012年と比べて2013年は18.2ポイントも上昇してます。

 

 日本人は貯金好きといわれます。確かに将来に対する考え方が保守的な部分が多いのだと思います。こういうのは国の制度やそれをベースに培われた国民性によるものかと思います。個人的に気になったのは中国の場合は貯金や投資よりも借入ですね。借金を好まないとよく言われていますが、その実さすがに住宅に関してはローンを組む人が多く、親が子供のために家を買ってあげるというわけにもいかなくなってきているのでしょう。親からの支援は一部支援にとどめているところが多そうですね。それと、そもそも年収対比借金が大きすぎますが、収入がどんどん増えていくことでカバーしていけると考えているのでしょうね。

 

メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目