呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国ビジネス VS タイビジネス

 先日以前上海にいた知り合いと偶然道端で会いました。今はタイで独立してビジネスをしている人です。そこで日本人が行う中国とタイのビジネスの違いについて話してもらったのですが、一言でいうとタイのビジネスはぬるいということでした。逆に言えば中国のビジネスの方が圧倒的に難しいそうです。中国のビジネスの難易度が10とすると、タイは2くらいらしく、そこまでさがあるのかと思わされました。中国とタイのビジネスの難易度がここまで違うので、自ずと人のレベルも違うようで、中国という難しいところで生き残っている人のレベルが10とすると、タイは6くらいだそうです。中国と比べてタイでは人のレベルが低くても成功する確率が高いということなのですが、その分胡散臭い人も多く、もめ事も多くなるそうですが、そこをきっちりと見極めれば中国と比べ物にならないくらい難易度が低いので、全然やりやすいそうです。その知人もある程度のお金を預けてくれれば、タイでビジネスに失敗する自信がないとまで言い切ってました。

 

 私も厳しい世界に入ってしまったようです。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目