呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

目と鼻の先で

 上海の日本人駐在員にはある程度おなじみのお好み焼き屋さんで味蔵というお店があります。

 

 

 

 このお店は交差点の角にあるのですが、そのななめ迎えの角にコーヒー屋さんができました。それがこれです。

 

 

 

 蔵味の漫珈琲というお店です。「味」と「蔵」の字体は全く同じ、でも屋号が逆になっているのです。てっきり味蔵と蔵味は関係があるのかと思っていたのですが、これがなんと全く関係ないそうです。しかしそれにしても目と鼻の先でこれをやるとは。

 

 こういうのを平気でする人たちと勝負しないといけないのかぁ。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目