呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

日本の銀行口座開設も面倒ですね

 日本法人を設立したのでその口座の開設を行ったのですが、最近日本で法人の口座開設は手続きが面倒になっているようで、どこの銀行で「1~2週間お時間を頂戴します」と前もって言われます。当座預金ならともかくたかだか普通預金を開設するにも面倒になっています。具体的にどんなやり取りがあったかを紹介したいと思います。

 

 応対してもらったのはメガバンクM銀行、といってもすべての銀行はM銀行ですが。

 

 一つ目のM銀行(M1銀行)でのやりとりですが、決まり文句のように「1~2週間お時間を頂戴します」「ご希望に添えない場合があります」と言われました。特になんも言わず、連絡を待つことにしました。するとなんと翌日に「口座開設を見合わせたい」との電話がきました。こちらからするとなぜ断られるかさっぱりわかりません。銀行の側から見ると受けたくない理由としてはマネロン対策、反社会的勢力、小体先、といったところでしょうが、正面切って言いえない理由ばかりです。私の場合は小体先ということは認めますが、何せできたばかりの会社なので小さいのは当たり前、そういう理由であれば最初からそのように説明すべきであるはずでしょう。後の二つの理由のマネロン対策と反社会的勢力などは全くもって身に覚えがありません。そもそも法人設立届を行った日に口座開設の申し込みに行っているのでそんな情報すら銀行にないはずです。ますます納得がいきません。理由を聞いても「総合的判断により」としか答えないので、こちらとしてはもう頭にきて電話口で「明日詳細についてお話を聞きたいので伺います」と言って翌日行くことにしました。

 

 M1銀行だけでもよかったのですが、開設できないかもしれないということから二つ目のM銀行(M2銀行)に行きました。こちらとしてはM1銀行から断られたことでかなり頭に来ていたので、マニュアル通りに「ご希望に沿うことができないこともある」と言われた際にその理由を突っ込んで聞いたのですが、結構これは丁寧に説明していただきました。この説明であれば納得です。

 

 三つ目のM銀行(M3銀行)でのやりとりも全く同じです。この辺りになると私もちょっと疲れてきました。オフィスの賃貸契約書をファックスしてほしいといわれました。

 

 M2銀行とM3銀行での手続きを終え、M1銀行にまさに行こうとしていたところM1銀行から電話がきました。M1銀行の目の前にいたので電話を切り、支店内で話をしたのですが、結局口座開設することになりました。最初からそうすりゃいいのに。

 

 M3銀行ではあまり話しこまなかったですが、M1銀行とM2銀行での会話を通じて思ったことは、おそらく新宿という場所柄いかがわしい法人が多いため、内容確認が難しいところは断ってしまおうということなのだとお見ました。以前にも書きましたが、何せ新宿法務局には毎日100社ほどの新規法人設立の届け出があるそうです。いかがわしいところも確かに少なくないかもしれません。

 

 M3銀行に要求された賃貸契約は日本法人設立前に上海法人で契約していたものなので、それの変更をしてからということで後回しになったのですが、M2銀行はほどなくして口座開設OKの連絡をもらいました。ちゃんと説明もしてくれて、ちゃんと口座開設もしてくれて、かなり印象が良くなりましたね。

 

 あと一行あるのですが、この一行は書面での説明だけであとは何も言われず口座開設できました。何も言われなかったというのはネット銀行なので、全てネット及び書類のみで終わることができたのです。

 

 知人のこの辺りのやり取りについて話したところ、その知人はM2銀行で「年商1億円になってからきてください」と言われたそうです。もし本気でそう思っているのであれば口座開設の説明書に書いてほしいものです。

 

 いやあ、それにしてもたかだか普通預金を開設するのも面倒になりましたねえ。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目