呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

小売業店長の給与水準 ~その1~

 ちょっと面白いデータを見つけました。聯商網というところが行った調査なのですが、小売業の店長の給与に関する調査です。全体のサンプル数は723で、小売業といってもコンビニ、スーパー、百貨店、家電チェーン等があるので、必ずしもサンプル数としては十分ではないのかもしれませんが、参考にはなるかと思います。ちなみに調査方法はネット、範囲は全国エリアです。

 

 それでは、まず業態別の天平の月間給与についてみていきましょう。最も数値の大きいものが赤字表示されています。

 

 

 

 コンビニの店長は店舗の規模が小さいこともあってか、店長といえども給与水準はそれほど高くないです。これとは対照的に規模の大きな大手スーパー(大売場)や百貨店は比較的給与水準が高く、12000元以上はこの2つで4割以上となっています。コンビニの店長は9割以上が5000元以下です。店長がこのレベルだと普通の店員だとかなり給与水準が低いことがわかります。

 

 次に資本別給与水準についてみてきましょう。

 

 

 12000元以上もらっている店長は外資(マジョリティを含む)4割近く、民間資本や国有資本だと半分近くが5000元以下ですね。まあ、店員のレベルも違いますし、こういう結果になるのもわかります。

 

 ちょっと意外に感じたのは次のエリア別です。

 

 

 

 12000元以上についてみると華北と東北の比率が高いです。東北って結構給与水準が高いですねえ。給与水準の低いコンビニの比率が少ないのでしょうか。

 

 これ面白いので、明日またこの続きをやりますね。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目