呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

2015年中国アパレル上場企業売上ランキング

中国の分野別アパレル上場企業の売上高ランキングです。上からスポーツ、メンズ、カジュアル、靴、レディース、ビジネス、アウトドアです。

 スポーツは軒並み増収増益です。kappaブランドの中国動向だけが減益となってますが、売り上げは増加。安踏のスポーツシューズの売り上げはなんとナイキを上回ったとのこと。李寧は前年度赤字だったのが少ないながらも利益を計上することができ、店舗数も2011年以来初めて純増となり、なんと6133店舗もあります。しかしどこも店舗数がめちゃくちゃ多いですねえ。ジョギングをする人が増えたのでこの分野は調子が良かったようです。

 

 メンズは何とも言えないですねえ。増収となったのがざっと半分、増益となったのもざっと半分。メンズがしんどかった理由がいくつか挙げられていますが、この業界はしんどそうです。

 

 全体的にみると伸びているのはスポーツ、カジュアル、アウトドアですね。

 カジュアルの捜於特(http://celucasn.com/main.html)を見ると韓国ブランドっぽいイメージです。アウトドアの探路者(http://www.toread.com.cn/)は、まあアウトドアそのものですね。いちおう一番売り上げが大きいのはメンズの雅戈尔(ヤンガー)の145億元ですが、売上高の増減率を見る限り、そう遠くないうちにスポーツの安踏やカジュアルの森馬に追い抜いて行かれそうです。中国でかっちりしたメンズデザインを売るのはもう難しくなってきていますね。

 

20160416090912_3750


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目