呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

上海大丸の苦闘

 昨年2月に試営業開始、5月よりグランドオープンした上海大丸(上海新世界大丸百貨)。私も何度か行ったことがありますが、ちょっと人の入りが少ないなあという印象がありました。オープンしてから1年強経過しましたが、昨年度(中国の決算は12月)の営業成績がメディアで紹介されています。それによりますと、営業収入が4.02億元(約66億円)、そして純利益がなんと▲4.14億元(▲68億円)です。なんと収入額よりも赤字額が大きいのです。

 

IMG_0699

 

 立地は南京東路という繁華街。繁華街なので人通りも多いのは確かなのですが、この繁華街は観光客ばかりが多く集まるという特徴があります。この立地している場所は地方からの観光客が多く、残念ながら地元民でもあまりお金を落としてくれる人がたくさんいるイメージのない場所です。要するにお金を落としていかない人たちが多く集まる場所です。休日の日はとにかく黒山の人だかりになる場所です。

 

2013719144158562

 

 大丸は高級店なので、明らかにマッチしていないといえるでしょう。日本人になじみの百貨店だと上海には伊勢丹(数字見つけられず)と久光(年間営業額26.4億元)というのがありますが、この2店舗のいずれもが繁華街であることは間違いなく、観光客がメインに集まる場所でもなく、むしろハイクラスの店舗が多く並ぶ通りにあり、高級百貨店が立地するという点ではいい感じの場所ではあります。大丸とは正反対とまではいわないまでも人の集まり方がかなり違う場所であるといえるでしょう。大丸としては現地企業との事業提携契約を締結し、マーケティング、商品構 成計画、内装デザイン、従業員への販売サービス教育、カード政策等、百貨店の開業準備に関わる 技術支援を行うという形態でのプロジェクトなので、リスクをあまりとっておらず痛手は少ないかもしれません。しかし逆に、現地企業のプロジェクトでありながらなぜこの立地なのかという疑念が残ります。事業提携相手が運営している上海新世界商城が比較的うまくいっている(年間営業額35億元)ことから、コンセプトの違う大丸でもうまくいくと思ったのかもしれません。となると、これは日本大丸よりも中国側の失策であるといえるでしょう。

 

 大丸だけの記事かと思いきや、日系ということで高島屋まで引き合いに出されています。2012年に上海に進出した高島屋、当初年間130億円の売り上げを計画したのですが、ふたを開けるとその半分しか達成できませんでした。このような状況を挽回すべくいろんな取り組みをしているようで、連休中に高島屋に行ってきましたが、名探偵コナンのイベントが開催されており、かなりの行列ができていました。私が見たときは100分待ちくらいでした。

 

IMG_20160501_144513_HDR

IMG_20160501_144457_HDR

IMG_20160501_144530_HDR

IMG_20160501_144544_HDR

 

 さて、また大丸の話に戻ります。一階と二階は主にラグジュアリーブランド、時計、化粧品が主体で、フェラガモ、グッチ、ティファニー、バーバリーといったラグジュアリーブランド、資生堂、SKⅡ、ランカム等の化粧品ブランドがあります。ヴィトン、プラダ、エルメスといったブランドはありません。ディオールとシャネルは化粧品だけです。そして、フロアーが上がっていきますと客数はどんどん少なくなり、そこにあるのは日系ブランドが多く、日系ブランド好きにはいいのですが、一般的には中国での知名度は高くないものばかりです。いろいろと取り組んでいるようですが、なかなか成果は出ていないようです。

 

 さて、この大丸のある南京東路という立地、長く上海に住んでいる人であればおよそショッピングのために行く場所ではないというのはわかっています。繰り返しになりますが、地方からの観光客が多く、またそういった上海に慣れていない人たちをカモるための人たちも多いので、あまりいい印象はありません。しかし、何も知らない人が来ると、あまりの人通りの多さに圧倒され、立地が良いと勘違いしてしまう人がいます。数年前にこのエリアに進出した飲食店のイベントの招待されたことがあり、その時になぜこの立地に出店したのかを聞いたことがあります。その飲食店は立地として厳しいのは十分にわかっていたようで、しかし賃料がそれほど高くなかったこともあり、テスト的にやってみようというお話でした。こういう割り切りがあったうえでの出店であればわかりますが、一番最初にこのエリアに出店するというのはちょっと考えにくい。さて、今後どうしていくのでしょうか。立地の劣勢を挽回するのはかなり難しいように思うのですが。。。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目