呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

ユニクロの郊外店舗に行ってきました

 5月26日にユニクロが上海の郊外に店舗を開店しました。最初新聞で見たときは「Drive-in」とか「自駕購」(駕は運転するという意味です)と紹介され、まさかドライブスルーなわけないよなと思いながらよく記事を読んでみると要するに郊外店舗を開設するということでした。地下鉄で行けない郊外、自家用車で行きたい郊外、というロードサイドの立地での開設は、今までになかったタイプです。ということで、見に行ってきました。ちなみにバスか自家用車で行く人が多いのかと思いますが、タクシーで行くのはもったいないですし、自宅からだとバスで1時間近くで行くこともできるのですが、私はバイクで行ってきました。自宅から30分くらい運転したでしょうか、ただでさえ悪い運転マナーが郊外に行けばいくほど悪くなり、到着するまでの間だけで3回くらい轢き殺されそうになりましたが、この辺りは気合で何とかクリアしました。

  

 自家用車での来店を期待していると思われるだけのことはあって、店舗が近づいてくるとロードサイドにのぼりが目立ち始めました。

  

 付近は郊外だけあってホームセンターやそれと同じようなものが多かったです。

  

 ここで昔カーテンを買ったことがあります。

 いよいよユニクロが見えてきました。

   

 そして到着です。郊外店舗だけあって駐車スペースがあります。

  

  

 店舗の中の写真を撮ると怒られそうなのであまり撮りませんでしたが、ほかのユニクロの店舗と全く同じ雰囲気でした。2階建てなのですが、2階から1回にエスカレーターで降りるところだけ撮りました。 

 オープンしてから約1週間ですが、個人的に思うにこんな辺鄙なところにしてはよくお客さんが入っているなあと思いました。レジに並んでいる人もいましたのでまずまずではないかと思います。それにしてもこんな場所に出店するというのは結構思い切った選択だなあと。かなり周辺をリサーチしたのだと思います。それをせずにここに出したらアホですからね。5年後にはこのような郊外店舗の比率を20%にまで持っていく計画とのことです。

 この日は天気が良くて、また適当な道を走っていたらたまたま車の通りが少ない道を走ることになり結構気持ちよく走れました。そしてたまたまハーレーダビッドソンのお店を見つけました!アメリカンタイプには乗ったことがありませんが、バイク好きなのでついついのぞいてしまいました。

     

      

 以前上海市内をバイクで走る場合125ccまでという制限があったのですが、とある展示会の会場で聞きましたところその制限はもう解除されているそうです。そうじゃないとハーレーみたいなバイクなんてさすがに売れないですよね。ちなみにハーレーの販売会社である上海現地法人は調べましたところ2009年に設立されています。125ccまでしか走れなかった時代はさすがに進出してなかったようです。いつか乗り回してみたいです。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目