呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

蒼井そらさんが微電影に出演

 2012年3月28日に北京で蒼井そらさんが出演した中国語の微電影《第二夢》という作品のプレス発表会での模様です。ちなみに微電影とは単純に翻訳するとマイクロムービーですが、短期間・低予算制作の短編映画のことで、長くても30~40分くらいのショートドラマのようなものです。さて、この発表会で蒼井そらさんが筆で作品名を描くというパフォーマンスを行いました。しかしこの写真、かなり胸元をアップしてます。蒼井そらさんが中国で人気が出たことに関してはいろんな人が研究していますので、興味のある方はそれらを探して読んでいただくとして、まあこの写真を見る限りはセクシー路線は人気が出た要因の一つであることは間違いないといえるでしょう。AV女優ですからね。この間紹介した2012年上海国際成人展に何人かAV女優が来ていて、彼女たちがステージに上がっていた時はかなりの熱気でした。AVって日本のコンテンツとしてはアニメの次に強いコンテンツだったりして。

        

 

 と、いつもならここらあたりで終わるのですが、微電影についてもう少し掘り下げてみます。長くても30~40分くらいと上に書きましたが、私のイメージで申し上げますと昔日本でも放送していた「恋する日曜日」、「怪談新耳袋」のようなもの、もっと有名なものでたとえますと「世にも奇妙な物語」のようなオムニバスドラマが近いと思います。中国では動画サイトで流される比率が高いようで、企業によってはタイアップしてスポンサーとなっているところもあります。自社で作品を作っている動画サイトもある一方で、今後どのような方向に進むかはまだ模索中のようですが、この手のものの動きは早いので、何か仕掛けを行おうと考えているのであれば今から研究しておいた方がいいでしょう。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目