呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国人の自動車乗り入れ反対デモ

 写真は2月12日に香港で起こった中国人の自動車乗り入れ反対デモの様子です(クリックすると拡大できます)。現在の計画では第1ステップとして香港人が旅行で中国国内で自動車乗り入れすることが3月に予定されています。そして第2ステップとして中国人が旅行で香港内に自動車乗り入れすることが予定されているのですが、今のところ具体的な時期は決まっていません。c4f46fec9d4ccfcd2a45ae6e62225d4e のコピー c2f47d73e00c513f1eeb7c445f71e71e のコピー 15bfb6bb259d744bb1559020c9b511c9 のコピー a81df0c63ac9029e2169158fb852ce16 のコピー bf27abf6fb083152ae6d5498b9d07703 のコピー

 

 

 

 中国に一度でも来たことがある人ならわかりますが、中国人の自動車の運転はかなり凶暴です。ジコチューそのものです。謙譲の精神なんて皆無です。よくテレビで人身事故を起こした者がインタビューで涙を流しながら後悔の念を言っている場面を見かけるのですが、あんな無茶苦茶な運転しといて何をいまさらといつも思うのであります。香港人もそれを感じ取っているのでしょう、プラカードの中に「自駕遊=車毀人亡」とあるように、ドライブ旅行が人身事故につながることを警告するものがあります。香港の交通ルールのレベルは日本とそんなに変わらずあくまで人間優先が浸透してます。私も最近何度か香港に行ってますが、感覚的に昔の香港と違うのは感じ取っています。全体的なマナーが以前と比べて劣ってきているのは否めないです。こんな状況で大陸内のノリで香港で車を運転されようものなら香港人としては黙っておけないということでしょう。

 もし日本国内で中国スタンダードの運転が行われたらどうなるか。人身事故による死亡もあり得るでしょうが、事故以外でも死に至るような事件が起こるかもしれません。以前大阪だったでしょうか、クラクションを鳴らされた側が怒り狂ってピストルで相手を打ち殺した事件があったと思うのですが、クラクションで起こるレベルであれば中国スタンダードの運転だと怒り狂うに違いありません。ということで、香港人が反対するというのはよくわかりますね。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目