呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

上海のオフィス賃料相場

 上海のオフィス賃料相場ですが、2011年の第4四半期にA級オフィスの賃料が19.2%も上昇しております。しかし、今年さらに100万平方メートルのA級オフィスが完成することから、賃料の上昇幅は緩やかになり、空室率は上昇していくという見方が多いようです。下図は左から、供給量、吸収量、空室率です。2011年は空室率がずっと下がってきていることがわかります。

 増加する100万平方メートルの内訳ですが、44%が浦西地区、5%が浦東地区だそうです。これにより6か月以内に空室率は上昇するものの、12%を超えることはないだろうとのことです。

 住居賃料相場が異常な値上げを要求されている話をよく聞きますが、オフィス賃料に関しては緩やかな上昇が予測の中心のようです。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目