呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

増値税改革に伴う一般納税人資格認定申請

 2011年12月2日付で増値税改革に伴い《国家税務総局:上海市の営業税を増値税に改定徴収する試点の増値税一般纳税人資格認定関連事項に関する公告》(国家税務総局公告2011年第65号)という上海市における一般納税人資格認定に関する通達が公布されており、2012年1月1日より施行されます。今回はこれについて紹介します。

 

1.認定基準

試点納税人は課税サービスの年間売り上げが500万元超の場合、一般納税人資格認定を受ける必要があります。

課税サービス年間売上とは、試点納税人が連続12か月を超えない経営期間内に、提供する交通運輸業と現代サービス業のサービスの累計販売額を指し、免税・現在販売額を含みます。

 

2.既に一般納税人を有している場合

既に一般納税人資格を有している課税サービスを兼営している納税者は改めて申請を行う必要はありません。

 

3.売上高500万元未満の納税者

課税サービス年間販売額が500万元を超えない、及び新たに開業する試点納税者は、以下の条件に同時にあてはまる場合、主管税務機関に一般納税人資格を申請することができます。以及新开业的试点纳税人,可以向主管税务机关申请一般纳税人资格认定。

  (1)固定の生産経営場所を有すること

  (2)国家統一の会計制度の規定に従って帳簿を設置することができ、合法、有効な証憑に基づいて計算することができ、正確な税務資料を提供することができること。

 

4.指導期管理

試点納税者は一般納税人資格を取得したのち、増値税脱税、税額還付詐取及び増値税控除証憑虚偽発行等の行為が発生した場合、主管税務機関は少なくとも6か月の納税指導機関りを実行することができます。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目