呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国犬猫ペット総数は日本の4倍

 最近日本では猫がちょっとしたブームのイメージがあります。ペットとなる犬も猫も増えているかのように思えますが、統計を見てみましょう。

 

%e6%97%a5%e6%9c%ac

出所:一般社団法人ペットフード協会

 

 今現在で見ると犬も猫も約1000万匹です。ここ数年の推移を見る限り犬は減少傾向、猫は微増(ただし14年から15年にかけては減少)なので、特に増えているというわけではありません。気分的なものなのでしょう。

 

 さて、中国ですが、今こんな感じです。

%e6%95%b0%e9%87%8f

 ペットの犬が2740万匹で世界第三位、ペットの猫が5810万匹で世界第二位です。合計で8550万匹なのでざっと日本の4倍。まあ人口がでかいですからペットの数も大きくなりますね。

 

 

 

 

 

 

 

%e6%af%94%e7%8e%87

 ペットを子供とみなすのが54.5%、身内とみなすのが33.4%、友達とみなすのが7.7%です。まあこんなもんでしょう。

 

 

 

 

 

 

                                                        %e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%88

 ペットを養うにはそれなりにお金もかかります。そういう意味では贅沢な趣味であるといえます(最近はそうではなくなってきたのかな?)。毎月の支出を見ますと、豪華型が200-2400元の支出、贅沢型だと2400元以上もの支出が発生しています。平均で語ることのできない中国市場ではありますが、中国の現在の平均賃金を考えますとこの支出はかなりのものといえますね。

 

 

 

                                                                                                                                                                                                ということで、今後のペット市場にも期待が持てるのではないかと思います。とある会社のレポートにある市場規模はこんな感じです。

 %e5%b8%82%e5%a0%b4%e8%a6%8f%e6%a8%a1

 やはり大きく伸ばしてきてますねえ。日系のめぼしいところは店頭にも商品が並んでいるのでそれなりに参入していると思いますが、今の勢いだとまだまだ行けそうでしょう。消費者向けの商品でもありますので、今まで以上の勢いで伸ばしていくためには現地パートナーとの連携が結構キモなのではないかと思いますね。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目