呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

ミニカラオケに行ってきました!

 ちょっと前に話題になった中国のミニカラオケ。何度も横目で見てきましたがついに行ってきました。以前にも紹介したことがあります(中国の1人カラオケはガラス張り)、外観はこんな感じです。

 

WeChat 圖片_20171225211817

 

 椅子が二つありますが、スペース的にはもう一人詰めれば入ることができます。でもまあ密室ですね。歌のリクエストは画面を操作するのですが、お金の決済はもちろん電子マネーです。コインをちまちま入れることなんてありません。料金体系はこちら。

 WeChat 圖片_20171225211733

 

 曲数ではなくて時間制になってます。15分で25元(420円)、30分で45元(760円)、45分で60元(1010円)、60分で75元(1270円)、90分で90元(1520円)と、決して安くはありません。よく見ると一回で使い切ってしまわないといけないものなので、ちょっと長い時間を購入するのは難しいですねえ。だいたいショッピングモールの中に入っていることが多いので、ちょい飲みならぬチョイ歌いがニーズでしょうし、椅子も二つしかないのでさすがに90分ぶんを購入することはないでしょう。待ち合わせの時間調整なんかにいいかもそれないですね。

 

 さて、試しにチケットを購入する作業を進めたところ、ここまで来たら歌わないといけないでしょう。とりあえず熱唱しました。

 

WeChat 圖片_20171225211810

 

 購入時間分を消化すると終わりなのですが、ミニカラオケのサービスはこれにとどまりませ。なんと歌が自動的に録音されるのです。録音自体は特に目新しいサービスでもないのでしょうが、いつも間にか録音されておりました。録音した歌はコンクールに参加可能ということもあり、せっかくなので応募しておきました。1位になれば上海ディズニーランドのチケットがもらえます。発表はいよいよ明日からです!

 


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目