呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

2017年中国百貨店・ショッピングモール・アウトレット売上高ランキング

 ランキング好きな人が多いので、今日も久々にランキング情報をご紹介します。まずは2017年度の百貨店の売り上げランキングです。トップは北京SKP、なんと2位の杭州大廈の1.6倍もの売り上げを上げて断トツのトップです。こんな規模だというのに前年比売り上げがプラスの30.21%、日本の百貨店はうらやましい限りではないでしょうか。トップ20の単キングですが、前年比マイナスとなっているところが4つありますが、それ以外はみんなプラス、それも二けた成長をしているところが少なくないです。これだけ見ると百貨店ビジネスって結構いけそうに思えますが、上海にある高島屋や大丸百貨店の状況は決して芳しいとは言えません。今後の予定としては阪急阪神百貨店が寧波に出店するのですが、結構勇気のいることだと思います。このプロジェクトに対してはクールジャパン機構が相当お金を突っ込むからこそできることなのでしょう。プロジェクトの進捗自体は風の便りで聞こえてくるのですが、しょせん風の便りでどこまで正しいかわからないのでここではノーコメント。

 

百貨店

 

 次にショッピングモールを見ていきましょう。トップは南京にある徳基広場。知らん、行ったことない。販売業績が90億元ということで、約1500億円、なかなかの数字ですね。なんか最近新しいショッピングモールがどんどコドンどこできているので、昔からあるショッピングモールにはあまり行かなくなったかもしれません。

 

ショッピングモール

 

 最後はアウトレットです。ランキングトップの上海青浦のアウトレットに行ったことがあります。あんまり安いとは思わなかったなあ。場所が遠いので車で行かないと不便なのですが、そこまでしていきたいとも思わない。しかしアウトレットもどんどこできているみたいで、今年は50施設以上オープンするという話です。さすがにちょっとオープンしすぎではないかと。でもこれだけどんどこ施設を作っていって、さびれているところもあるとは思うのですが、上位陣とはいえこれだけ伸ばしているのって大したものだと思いますよ。

 

アウトレット


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目