呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

春節そうそうトイレが!!!

 中国は今春節、ビジネスチックなネタも枯渇しており、今日はタダの生活ネタを書きます。

 

 実は春節早々実は春節そうそうトイレが詰まってしまいました。よりによってこんなときに。しかもこないだ詰まってからまだ1か月もたっていない。こないだは便器に空気を一回打ち込んでつまりを解消させただけで、行ってみればその場しのぎの処理だったといえます。今回もおんなじ調子でその場しのぎの処理をするとまた一か月もしないうちに同じことが起こるだろうと思い、サービスマッチングアプリでトイレ詰まりの業者を予約しました。料金は2段階あり、ひとつは普通に詰まりを処理するもので258元、もうひとつが便器をいったんどけて、管を徹底的に通すというもので、これが358元。前者の処理だと結局その場しのぎの処理に過ぎないと思いましたし、わずか100元の差で便器を外して管を直接処理するほうが絶対にいいですよね!ということで、358元を選択。2月6日に業者はやってきました。日本の間隔でいうと正月の2日にやってきたような感じです。この時期にやってきてくれるというのは本当にありがたい。ひょっとすると春節明けまで業者は誰一人としてやってこないのではないかと思っていたので。

 さて、詰まり解消処理を開始。便器から管を通して処理をして、とりあえず今日の業務は終了と告げられてしまった。こっちが予約したのは便器を外して管を直接処理するもの、話が違う。それを伝えると、便器を外した処理をするとカネもかかるし、しばらく(24時間)使えなくなってしまうので、あなたにとってもよくないと言ってきやがる。カネもかかるといわれても、そもそも前払いで358元をすでに支払っているし、しばらく使えないのは確かに嫌なのだが、こういう時に徹底的に処理しとかないと、あとからまた同じもんだが起こるのが嫌なので、「どうしても便器を外したくないんだったらもう帰っていいけど、お金はどうするの?こっちはもう払ってるし」というと、「サービスに不満があったと伝わると処分されてしまうかもしれない」とぶつぶつ言いながらしぶしぶ作業を再開。しぶしぶ再開すんなよ!そもそも最初からこっちはそのつもりで依頼してるのだから。結局処理してくれたので良かったのですが。その後24時間使ってはいけないという言いつけはまじめに守りました。

 

 このやり取りで思ったのが、一般家庭でもその場しのぎの処理で満足してしまっている人が多いのではないかと。業者もそれに甘えてその場しのぎの処理しかせず、またしばらくして詰まってはまた応急処置をするという繰り返し。徹底的にやってしまえばさすがにすぐ詰まることはないだろうに。なんか、問題を先送りしようとするんですよね。徹底的にやったほうが後からの心配もないのがわからないのかなあ。それとも徹底的にやろうが、その場しのぎでやろうが、いずれにしてもすぐに詰まってしまうものなのか?この話を知人にしたところ、同じようにつまり処理の業者を呼んだところ、引っ越してきたのは2年前なので、それ以上前の以前の住人にものと思われる靴下が管から出てきたとのこと。そりゃ詰まるわ。今回も含めてトイレには結構泣かされてますわ。

 

 以上、トイレが詰まったことにまつわるつまらん話でした。


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目