呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

2018年中国上場スーパーマーケットのランキング

 2018年の中国の上場スーパーマーケットのランキングが発表されています。社数も多くないので、ほとんどがおなじみの銘柄です。

 

 高鑫(大潤発)が減収減益ですかぁ。それに続く永輝超市は増収ながら減益。細かく見ないとわからないですが、たくさん出店してその収益化に時間を要し且つ償却コストが増えたということなのでしょうか。アリババ資本の入った大潤発、テンセント資本の入った永輝超市。ここでもアリババVSテンセントの戦いが繰り広げられています。大潤発と永輝超市の売上高の差はまだまだ大きいですが、2017年から2018年にかけて100億元以上その差を詰めてきているので、そうと説くないうちに逆転する日が来るかもしれません。

 

super


メルマガで最新情報をお届けします
「呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記」の新着記事をメールにてお届けします。今の中国ビジネスの実態をお伝えしております。
メールアドレス *
* 必須項目