Author: 呉明憲

長蛇の列はサクラだった!!!

 店舗にたくさん人を並んでいる光景を見かけることがあります。それを見て思わず「なにを並んでいるのですか?」と並んでいる人に聞くことはありませんでしょうか。たくさん人が並んでいると一体何だろうと興味がわきますよね。実際私は聞いたことがあります。その時の答えは「読書会」だったのですが、読書会にあんなに人が並ぶのはあんまり理解できなかったなあ。こういうのに並ぶのが面倒で一度代わりに並んでくれる並び屋さんにお願いしたことがあります。ところがどっこい、並んでいる人はなんとサクラがたくさん混じっているそうな。

 

1

 

 サクラがたくさん混じっているということで名前が挙がったのが喜茶と鮑師傅です。後者は知らないのですが、前者はよく聞く名前です。さて、サクラのからくりを見ていきましょう。

 

 サクラの手配をする会社というのがありまして、ここが人集めを行います。集められた人は指定の時間に現場に行き、まずは受付を行い、それから並ぶように指示されます。

 

2

(受付の様子)

 

 集まった人数にもよりますが、何回か回して一日中行います。商品にもよりますが、物によっては購入した後店舗に返却して使いまわしします。売上にはならないわけですが、ぱっと見はとても繁盛しているように見えますよね。購入しようという消費者に対するアピールと、加盟してみようかという業者に対するアピールになります。これが消費者向け商品の場合。

 

  消費者向け以外にも、例えばビジネス系に発表会があり、普通にしていれば集まらないものをサクラをかき集めて会場を万人にするのです。ゲストとして投資家を呼び、会場が埋まっている様子を見せつけるというものです。

 

 日本でもサクラという言葉があるくらいなので、中国でも同じなんだなあと。ただ、このような動きに対して不正当競争、虚偽事実をでっちあげることにより消費者を誤解させる、ということで反不正当競争法、広告法、消費者権益保護法に反するという見方もあるようです。でも実際に店頭で購入までさせるとなかなかわかりづらいのではないかと。とはいうものの、あんまり極端だとその指導が入るみたいで、ばれてしまったお店の言い訳が、「ほかの店もやってたから」。あんまり行き過ぎるとこれだけのための通達が出るかもしれないですね。

味千ラーメンの今

今でこそいろんなラーメン屋がありますが、中国で日式ラーメンといえば真っ先に味千ラーメンといってもいいでしょう。今でこそかつての勢いは見られないものの、やはりあちこちで見かけます。

 

 かつての勢いは見られないと書きましたが、実際に売上高は減少減少基調にあります。ではなぜ落ち込んできたのでしょうか。私が一消費者としてみた場合、味千ラーメンはちょっと昔のお店という印象があります。極端な例で例えると中国の上島珈琲のような感じですね。中国のメディアで紹介されているのを見たところ、「新しい消費者への対応をしてこなかった」と指摘しています。楊は時代に合わせて動きをしてこなかったということなのでしょうか。具体的には、

①味千ラーメンは店舗デザイン、メニューやサービスとも新しい消費者のニーズについていかなかった。2011年ごろにはすでに落ち込みムードだったのだが、特に調整することもなかった。

②味千ラーメンの消費者は主に18-30歳に集中しており、日式ラーメンをちゅたいとしてメニューでポジショニングを築いてきたが、時代の流れの中で特段の調整を行わず、人件費抑制することでサービスレベルも低下、つれて消費者の満足度も低下。

③最も安いラーメンが23元、高いのだと40元、。大衆をターゲットにしている割には価格は高めで、価格とポジショニングに矛盾が生じてきている。

というような指摘です。③の価格に関して個人的に言いますと、今どきその辺の面屋さんでもちょっと具が入ると30元くらいすぐするので、20-30元だと特に高いと思わないような気はします。

 

 味千ラーメンも全く危機感を感じなかったわけでもないようで、2012年ごろからサブブランドを立ち上げています。ちょっと高めのだと和歌山、焼肉孫三郎、真ん中レベルで喜多蔵、面屋武蔵など。味千ラーメンはこれらよりもポジショニングとしては下のラインということです。これら以外にも味牛、東西焼といったサブブランドも出していますが、決して芳しいとは言えないでしょう。私も一度も行ったことがありませんし、ほとんどのサブブランドを見たことがありません。

 

 また味千ラーメン本体の話に戻りますが、人件費削減と書きましたが、一部従業員を兼職(アルバイト)に入れ替えたり、店舗面積はもともと150平方メートル以上だったのを80-120平方メートルを標準とするようになってきているとのこと。

 

 なんだかんだで知名度は抜群なので、復活することは十分あり得ると思うのですが、すっかりちょっと古臭いイメージがついてしまっているように思います。この古臭いイメージをどうやって打破していくのかが課題だとわかっているでしょうし、その動きを是非見てみたいと思いますね。

中国の俳優のギャラが高い!

 こちらをご覧ください。中国の有名俳優たちのテレビドラマ1作品のギャラです。男優呉益凡が1.2億元、女優周迅が9500万元。めちゃめちゃ高い!

 

20171208050816204

 

中国の芸能人のギャラが高いのかそうでないのか、こういうのは比較しないとわかりづらいかと思います。日本の俳優でちょこっと調べてみると水谷豊が1話350万円。ワンシーズン12話とすると4200万円、中国のドラマばりにワンシーズン40話くらいあるとして1.4億円、元に引き直して約830万元。それでも一桁違います。もうこれはハリウッド並みか?なんでも、中国で1作撮影したときの俳優に対するギャラは製作費の50-80%、ハリウッドが30%だそうです。

製作費に占める俳優ギャラの占める比率が高すぎるということは、それ以外の部分にかける費用をどうしても抑えざるを得なくなるということになり、俳優以外のクオリティは必然的に下がってしまうといえます。

 

 2011年までは中国人俳優のギャラもここまで高騰していなかったようです。2011年は動画サイトが盛り上がってきた時期であり、多くの動画サイトがコンテンツを充実させるために版権を買い漁るようになった時期です。コンテンツ料がどんどん値上がりし、大手動画サイト愛奇芸の2017年のコンテンツ投入はすくなくとも100億元ともいわれています。つまり、コンテンツ量の値上がりが俳優のギャラにはねたということですね。

 

 そんなこんなで今年9月に広電総局が俳優に対するギャラは製作費の70%までに抑えることという通達を出しましたが、通達といってもあくまで指導文書的なものであり強制力は今のところありません。ということで、今のところはまだ状況はそれほど変わっていない模様です。果たしてこの動き、どこまで続くでしょうか。

中国開催のスポーツイベントの勢い

 11月25日にUFC FIGHT NIGHT122というイベントが上海で開催されました。米国の総合格闘技団体によるイベントです。

 参考記事

 http://mmaplanet.jp/74116

 いままでマカオでも開催されたことはありますが、中国本土では初の開催になります。マニアの私はこれを見に行ってきました。本当の本当に超満員、チケット代金は280元から2980元まで、これがソールドアウト。メルセデスベンツアリーナがぎっしりですよ!これだけぎっしりだと招待券も多分少なかっただろうと思います。私が名前を知っている選手は3人しかいなくて、中国本土開催ということもあり中国人ファイターも多く参戦。しかし、残念ながら中国人ファイターは初参戦の選手も多く、知名度がほとんどない選手ばかり。はっきり言いきってしまうとカード内容もしょぼしょぼで大した大会ではなかったと思うのですが、会場の盛り上がりは本当に凄かったです!

 

WeChat 圖片_20171206114500

 

WeChat 圖片_20171206114506

 

 同種のイベントは日本でも開催されたことがあります。直近でいえば9月23日に開催されています。カード内容はこっちもそんなに大したことはなく、ご当地である日本人ファイターも多く参戦してたのですが、現地にいなかったので何とも言えないのですが、おそらく上海ほど盛り上がっていなかったのではないかと。そして、カード編成を見て感じるのは以前よりも魅力的なカードが少なくなったなあと。日本で初めて見に行ったときはタイトルマッチが組まれていたのですが、今後日本でタイトルマッチを組んでもらえるかと思うとクエスチョンマーク。来場者数も以前ほど入ってきていないようですし。繰り返しになりますが、上海のカードは全体的にはしょぼかったですが、これだけ盛り上がるとそりゃあ面白いです。

 

 これから中国開催に力を入れていきそうな気がします。かつては日本の総合格闘技イベントは東京ドームで開催したり、さいたまスーパーアリーナを超満員にしたりという勢いで、アメリカよりもずっと盛り上がっていたのにすっかり抜かれてしまってます。中国人ファイターがのし上がってくるとUFCも日本をすっ飛ばして中国でどんどん開催するようになる時代がやってくるかもしれませ。経済発展じゃないですが、このあたりにも国としての勢いを感じます。

中国の出会い系アプリ

 ちょっとここ最近忙しくてちゃんとした内容の記事を書くのが大変なので、今日はまったくビジネスとは関係なさそうなことでも書いてみることにしました。

 

 日本で出会い系というとちょっとイメージが悪いですが、中国にも出会い系はあります。ある日なんと無しに携帯をいじっていたところ、怪しげな名前のアプリにたどり着きました。二つ紹介しますね。

 

1.陪我旅行

 陪我旅行、直訳すると「私と一緒に旅行して」という意味です。辺境の地を仲間を募って旅行するような意味合いであればそれなりに健全なのでしょうが、男としての本能でいかがわしい使い方を想像する人もいるかと思います。私、想像しました。そして想像通りでした。

 WeChat 圖片_20171130110720

 この人たちのリクエストを見るとエジプトに行きたいとか、マカオに行きたいとか、万々買い物するとか、好き勝手なことを書いてます。つられてしまう男がいるんでしょうねえ。

 

2.同城床約

 同城床約、直訳すると「同じ都市でベッドの約束」といかがわしいことこの上ないです。ちょっとどんなものか見てみましょう。WeChat 圖片_20171130111740 WeChat 圖片_20171130111748 WeChat 圖片_20171130111753 WeChat 圖片_20171130111758

 

 嘘くさい写真も交じってますが、年齢、身長、収入まで開示されています。実際に街で声をかけるのは勇気がいりますが、ケータイだと指で操作するだけで無限に声をかけることができてしまいます。ダメもとでアタックしている人いっぱいいんでしょうなあ。でも、ひょっとするとややこしいのがいるかもしれないので気を付けないといけないですね。

 

 実際に活用するかどうかはその人次第ですが、刺激に飢えている方には暇つぶしにはなるでしょうね。

週刊ダイヤモンド(2017年11月25日号)掲載記事『日系コンビニ初の南京出店 日本の6倍売り上げる店も ローソン快進撃の理由』

弊社代表の呉明憲の寄稿記事『日系コンビニ初の南京出店 日本の6倍売り上げる店も ローソン快進撃の理由』が週刊ダイヤモンド2017年11月25日号のWorld Scope ワールドスコープ from 中国のコーナーで掲載されました。

 

WeChat 圖片_20171122024640

住宅価格は可処分所得の何倍?

 住宅価格は年収の何倍が妥当か。年収の絶対額、年齢、貯金額により一概に言えませんが、一つの目安として考えてみましょう。日本の銀行でローンを組む場合、一般的に頭金が2割、年間返済額は年収の25%くらいかと思います。ここでは、計算しやすくするために頭金なし、年収1000万円で考えてみましょう。1000万円の25%を年間返済額とすると年間250万円の返済、20年ローンだと5000万円ということになります。収入が仮に600万円だと25%相当額は150万円、20年ローンだと3000万円、30年ローンだと4500万円の住宅を購入することができます。ということは、現実のケースとの誤差はあるかと思いますが住宅価格はざっと年収対比5~8倍くらいということになります。これ日本の場合です。

 

 さて、中国の場合はどうでしょうか。住宅価格を可処分所得で割った数値というのが都市ごとに計算されています。家族構成は夫婦と子供一人、住宅面積は90㎡とします。ちなみに可処分所得は一人一人ではなく一家庭を統計単位としています。これによって全国の主要都市の数値がこれです。

 

WeChat 圖片_20171115171504

 

 以前にも似たような記事を書いたことがありますが、相も変わらずものすごい数値です。一番小さい値が銀川の5.06、そして一番大きいのが深圳の40.69!中国は平均で見るべきではないとは言いますが、それにしても住宅価格が年収の40倍とは。上海が32ですね。上海の平均賃金は7000元くらいなので、夫婦共働きだと月間14000元、年間だと約17万元、これを32倍すると544万元(約9000万円)!街の不動産屋の広告を見る限り、もっと安いのもあるけれどもわからん数字でもない。10年くらい前でもこれから家を買うことは無理なんて言う人がいましたが、今はもっと無理になってしまってますな。

【TNC中国セミナー(東京・上海)】中国における不正事例及び対策

 中国で物事を進める、依頼をする、お付き合いをするといった中で「賄賂」や「キックバック」といった不透明なお金が話題になることがよくある、ということをご存知の方は少なくないかと思います。公務員に対する贈賄は当然問題ですし、商取引の中でキックバックを提供したり、受け取ったりすることも当然問題です。これらを含む不正は未然に防ぐことができれば一番良いのですが、発覚した場合の対処の仕方によりその後の会社内における規律に大きく影響を及ぼします。甘く対処してしまうと「この会社はこの程度は許されるんだ」と誤解を招きかねません。そしてこれに気づいた社員がやってられないとばかり会社を離れてしまうことは、優秀な人材の離脱にもつながってしまいかねません。

 

 今回は、こういった行為が発覚した場合、どういった罰則を受けることになるのか、どのような影響が生じるか、そして未然に防ぐにはどうしたらいいか、等についてご紹介いたします。

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。

 

キャプチャ

 

【お申込み】下記参加申込書ダウンロードしてご記入の上、開催3日前までに、Eメールにてお申込み下さい。定員に到達次第締め切りとさせていただきます。

【お問合せ】小塩 info@tnc-cn.com  TEL :(日本)050-5806-2111 (中国)021-6270-0022    

 

TNC中国セミナー参加申込書(2017年12月セミナー)

中国のグループインタビュー

 この間の週末にとあるB2C企業向けのグループインタビューを実施してきました。回答内容はお客様のためだけのものなのでここでは書きませんが、その時の雰囲気について紹介したいと思います。

 

 30歳前後、40歳前後、50歳前後をそれぞれ男女で行い合計で6組行いました。私たちはマジックミラー越しにその様子を眺めるというものです。

 

20171107214331

 

30歳前後男:発言は一人ひとり、秩序あり。身だしなみは比較的おしゃれ。

30歳前後女:発言はほぼ一人ひとり、秩序あり。身だしなみは比較的おとなしめ。

40歳前後男:落ち着いた身だしなみ。かなりわいわいがやがや。

40歳前後女:落ち着いた身だしなみ。比較的秩序あり。

50歳前後男:落ち着いた身だしなみ。ちょっとわいわいがやがや

50歳前後女:かなりわいわいがやがや。身だしなみはちょっとおばちゃん的

 

 あらかじめ申し上げておきますと、おばちゃん的というのはあくまで私個人が思ったイメージです。

 

 そこそこ豊かな人達を集めましたが、当初思っていたイメージとしては若い人ほどきちんとした会議ができて、年齢を重ねるほど朝まで生テレビのようなわいわいがやがやになると思っていたのが、たまたまこの日がそうだっただけかもしれないですが、40歳前後男のグループが最も勢いがあるというか、がやがやしてました。女性は年齢を重ねるにつれてちょっと大阪のおばちゃん的に、男性は若い人はスマート、50前後は落ち着きがあり、40歳前後が一番血気盛ん、そんな感じでした。こういうのをやると確かにいろんな意見が出てきて非常に参考になりますね。自分たちの持つ商品・サービスのどこが思っていたよりも強くて、どこが思っていたよりも弱くて、というのが割と浮き彫りになったのではないかと思いました。

 

 だいぶん以前ですが、アニメオタクたちを集める同じようなグループインタビューを開催したことがるのですが、その時の一組目はインパクトが相当強かったのを覚えています。6人くらいがエレベーターから出てきたのですが、見た瞬間に誰しもがあのグループはアニメオタクだと絶対わかるような強烈なオーラを漂わせていたのです。このときも割といろんな話が聞けていいインタビューになった記憶があります。

 

 さて、もうすぐ筆起こししたものがフィードバックされるので、それを取りまとめに入らないと!