2007-11-12

気の緩みには気をつけよう

旅行に出ると気持ちが浮ついて日頃ではありえないような行動をつい取ってしまうということはないだろうか。旅行であるならばまだわかるが、中国ビジネスにも同じようなことを何度か見聞きしたことがある。どういうことかというと、日本では非常にしっかりとビジネスを行っているような人が、こと中国進出の際に日本ではありえないような判断を行うことが見られるケースがある。例えば、土地使用権の購入でみられるのは購入までのフローを理解しないまま、あるいは理解しているものの相手がしきりに大丈夫だからというのを信じて購入し、結局正当な手続きを経ていない土地をつかまされるようなケースがある。その他では特にサービス業で見られるのだが、中国が外資に対して年々開放してきているとは言うものの今のところ何でもかんでも開放しているわけではない。それを知らず何でもできると言われて拠点を設立してしまったものの、つまり進出という目的こそ達したものの結局本来の目的を達成できないケースもみられる。その他には進出までは特に問題がなく、またしばらくは問題が発生しなかったものの、後から問題が発生・発覚するようなケースもある。

  これらのケースは事前にしっかりと調査を行っていれば大半が防ぐことのできるケースである。もちろん当事者はそのような結果にいたるまで全く何も考えずに進めていたわけではないだろう。ちゃんと現地まで視察に来たうえで判断しているはずではある。しかしながら、その際に良く見られるのは間に入る問題のある人間を信頼しきってしまうケースである。他には日系企業との付き合いが全くない日本語対応のできない律師事務所(弁護士事務所)、日本語対応こそ行っているもののよくよく調べてみると悪い評判のある律師事務所に依頼してしまい物事がおかしくなってしまうケースもある。中には単に意思疎通がうまくいかないケース、本当に物事がうまくいかないだけのケースもあるだろう。しかしながら明らかに「これはやられてるな」というケースがやはり見られるのである。共通するのがなぜかあまりにも人を信用しすぎてしまうところだ。人を疑ってばかりもよくないが、よく知らない相手のことを信頼しすぎるのもやはり問題だ。まさに旅行中に気が緩んでしまうのと同じようなものではないだろうか。

関連記事