2008-02-13

やれんのか!労働契約法!

 今まで何度も書いてきたが、なにせ話題として尽きないのでまた労働契約法について紹介することにする。春節前に発売された雑誌の中で、7割もの企業が労働契約法の改正を希望していると言う記事が紹介された。もともと12月には実施細則が公布されると言われていたが、いまだに公布されていない。おそらくはちょっと様子を見ながら出そうということだったのだろうが、予想以上に現場が乱れてしまったことからなかなか出せずにいるのだろう。しかも7割もの企業が改正を希望しているということであればもっとじっくり研究をしないとせっかく実施細則が発表されても同じように乱れてしまいかねない。1月23日の「これでいいのか、労働契約法!」では台湾系企業の撤退の動きについて言及したが、香港系企業の撤退の動きも見られ始めているようだ。加工貿易政策の変更もありただでさえ環境的に厳しくなっている中での労働契約法なので、いたしかたないともいえよう。

 昨年起業した知人の中国人も労働契約法には参っているようだ。彼によると「労働契約法そのものは決して悪くはないのだろうが、今の環境の中で出すようなものではない、5年から10年は早かったのではないか」とのことであった。

 やれんのか!労働契約法!

関連記事