2008-05-15

学歴詐称

上海で起こった話だ。ある30過ぎの女性が復旦大学卒業と偽って就職し、経歴詐称していたことが会社にばれてしまった事件だ。

  この女性は復旦大学で情報と国際金融を学んだことを売りにして張江科技園区内のとある電子会社に就職し、人事経理兼総裁助理のポストで当初月給9000元で就職した。そして、その会社で働き続けているうちに月給が13000元まで増加した。その後2007年2月に会社は労働契約の期限前解除を行い、経済補償金として65000元を支払ったのだが、会社が復旦大学に確認したところ、復旦大学卒業というのが嘘であることがわかった。そのため会社は解雇した従業員を訴えたという話である。結局、裁判の結果は元従業員が虚偽の資料を提出したことで会社を騙して労働契約を締結したことに非があるとして経済補償金の会社への返還を命ずる判決を出した。4月16日付で「履歴書の内容は本当かな?」という記事を書いたが、まさに本件は典型的な例であるといえるだろう。 4月16日付の記事「履歴書の内容は本当かな?」(ここ)もご参考願いたい。

  本件に関してちょっと雑談したところ、元従業員は確かに学歴を詐称したが、働き続けているうちに給料が上がっていったということは多かれ少なかれ会社は元従業員の価値を認めたということではないのか、認めたからこその給与であってそれをベースにした経済補償金という考え方もできなくないのでは、という意見が出てきた。もちろん学歴を詐称したということで道義的にかなり問題はあるのだが、なるほどこんな考え方もあるのかと思った。

関連記事