2008-10-20

中国の株式相場下落はアイさんの賃金相場にまで影響

  上海においてアイさんの賃金相場がここ10年余り上昇していたのが、10月から平均10%程下落し始めている。アイさんの賃金相場が下がるのは上海市が家政市場というものを形成して以来始めてのことだそうだ。その主な要因は株式下落と物価上昇が主たる要因であり、多くの雇い主がアイさん費用の削減を始めている。去年の今頃はアイさんに対する賃金に対してなんとも思ってなかったのが、株式が大幅に下落したことから、日々の消費を節約しなければならないと考え始め、アイさんを雇うことすらやめようかと考えている人も増えてきている。

  さらに米国金融危機の影響も出てきているそうだ。欧米人が雇っているアイさんも少なくないから当然だろう。ここもとの状況では、時間単位で働くアイさんの賃金額は通常時の最高15元/時間から12元/時間に、最低では7元/時間に下落しており、2-3年前の水準にまで下がってきているという。住み込みのアイさんの場合、上半期の1500-2000元から1300-1800元に下がってきているという。私は今のところアイさんを雇っていないが、皆さんのアイさんに対する支出はどうなってるかな?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です