お知らせ

TNCリサーチ&コンサルティングのニュースをお届けします。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その7

前回のはこちら。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その6

 

M「先ほど言いましたが、中国とのビジネスの特徴は後でお話します。中国の大陸風土、歴史などの要素が影響している様ですね。大連では仕事が終わると中国室の先輩と共に部屋で一杯やって中国に就いて色々教わったね。その人は小生より7歳上の人、確か中国の吉林省通化の生まれで、その後青島で育った。故に中国の事は良く知っていたね。面談出来るか否かは中国側担当者の都合で決まるので、時間が空くと海岸へ行ってビールを飲んだりしたね。そうだ!土日を利用して自分の生まれ故郷の瀋陽を訪問したなあーー。親が地図を書いてくれたので、今なら高速道路で3時間で行ける処を、一人で列車に揺られ、片道6時間かけて瀋陽に行ったね。勿論中国の列車を乗るのは初めて。当時の中国は電気機関車とかディーゼル車は無く全てSLで、因みにこのSLを中国語では“火車”と言うんだ。じゃ、日本で言う汽車は何か?此れは自動車を表す。“汽車”の“汽”は蒸気を表す。サイダーの様な炭酸水は汽水と言うね。ごめん、話が横道にずれた。瀋陽の話だね、瀋陽の駅に到着、この駅は東京駅にそっくりで、後で聞くに満鉄の総裁に東京市長を務めた後藤新平がなった時期あり、彼がそのそっくりを作ったと言われている。また大連駅は上野にそっくりで、今でもそのまま残っている。昔は特急アジア号と言う日本製SLが時速100KMでこの満鉄を走ったんだね。前回お話したが、会社の同期と以前中国東北地方を旅した時、大連でこのSL“特急アジア号”の現物を特別見せて貰った。大きな鉄の塊で迫力を感じる。今から70年以上前にこの大きな塊が満州の平原を走っていた、何となくロマンを感ずるね。また話が横にそれた、ごめん、それで、瀋陽の駅到着したら、現地ガイドが列車が着いたその降り口まで来て迎えに来ていた。現地で案内人に親が住んでいた場所、即ち私が生まれた場所に案内して貰って行ったが何も残っていなかった。戦後の国共内戦で市内は徹底的に破壊された様でね。残念でした。ただ、祖父が社長していた会社が残っていたので、外から写真を撮って帰国後祖父に見せた。大いに喜んでいたね。この会社が前回話した黎明なる会社で小生が数年前訪問して同じく写真撮影したら、物凄い剣幕で怒られた事は話したよね。」 (さらに…)

2019年が始まります

新年あけましておめでとうございます。

2003年から中国コンサルティング業務を行っておりますが、そのころには想像していなかったスピードでの中国経済の発展に伴い、初期のころにいただいた類のご相談もありつつ、新たな分野の相談内容も増えてきております。新しく携わる業務も増えてきているわけですがが、積極的にチャレンジしていきたいと思います。

 

「人生はチャレンジだ、 チャンスは掴め」by ジャンボ鶴田

 

今年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

WeChat 圖片_20190101160309

TNC中国セミナー(2018年10月2日:東京 「これからの中国事業の在り方 ~変わる中国、変わらない中国~」

 米中貿易摩擦が連日のようにメディアで騒がれています。米国が優勢との見方が多い中、米国および中国に事業の多くを依存する日本企業にとっては非常に気になる動きであります。日本にとっては米国も中国も非常に重要な市場であり、難しいかじ取りをしていかなければならないことが予想されます。さらに、米中の間で一応の決着が見られたとしても、あらたに日米貿易摩擦の問題も発生しかねない状況にあります。

 

 すでに中国市場に進出している企業は、今後もそれを伸ばしていかなければならず、これから中国市場に進出する企業も、このような環境を受けてどのような攻め方をすべきか考えていかなければなりません。

 

 今回は冒頭に紹介したような難しい動きの中で、中国事業に焦点を絞ったセミナーを開催いたします。現在中国が推進している一帯一路、消費者市場ではニューリテール戦略、このような流れの中で、日本企業としてどの分野を攻めるべきか、どのように攻めるべきか。また、発展とともに大きく姿を変えた中国にもいまだ変わり切れていない部分もあります。これらについてご紹介することで、今後の皆様の事業展開にお役立ていただきたく考えております。

 

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。 

 

日付 2018年10月2日(火)
時間 受付 13:00 ~ 13:30
講義 13:30 ~ 16:30
会場 新宿アイランドタワー20階

モバフ新宿アイランドセミナールームhttp://www.shinjuku-i-land.com/access.html

講演内容 ・中国経済動向概観

・中国で台頭するニューリテール戦略とは

・一帯一路、中国製造2025にビジネスチャンスはあるか

・これからの注目分野

・変わる中国、変わらない中国

・中国市場攻略に向けてすべきこと etc

講師 呉 明憲 

株式会社TNC リサーチ&コンサルティング代表取締役

拓知管理諮詢(上海)有限公司 総経理

参加費 5,000円(9月29日以降お支払いの場合は7,000円)
・顧問先は2名様まで無料

・弊社と同業の企業については参加をご遠慮いただいております。

定員 50名

 

【お申込み】

■下記リンク先より参加申込書にご記入の上、9月26日までにEメール(info@tnc-cn.com)にてお申込み下さい。定員に到達次第締め切りとさせていただきます。

TNC中国セミナー参加申込書(2018年10月)

【お問合せ】株式会社TNCリサーチ&コンサルティング

      拓知管理諮詢(上海)有限公司

      担当:小塩   Email:info@tnc-cn.com 

(2018.6.19東京)TNC中国セミナー「激変する中国消費者の心理と発展する中国IT社会の融合」

 日本のメディア報道で中国企業のみならず中国人消費者及び消費者ビジネスについて紹介することが増えてきています。中国個人消費の指標である社会消費品小売総額の数値を見ますと2008年から2017年の10年間で3.2倍、同期間の都市部の平均可処分所得が2.3倍にまで増加しており、消費能力が大きくなっていることは明らかです。また、同期間の中国からの訪日客も7倍以上に増加しており、中国国内での消費者ビジネスのみならず、日本国内での中国人消費者向けビジネスも脚光を浴びており、中国人を含む外国人消費が`なかったとすれば日本国内の個人消費もここまで伸びることはなかったでしょう。

 

 中国市場を追いかける人たちの中でも、中国国内の市場動態のスピードも非常に早く、1年に1回程度現地視察しているだけでは実態を追いきれないと嘆く人は少なくありません。また、より多くの中国人消費者関連情報を入手したいと思いつつ、情報があまりにも大量であったり、あまりにも偏っていたりして、それらを取捨選択するのも一苦労かと思います。

 

 今回のセミナーでは、中国人の生活事情や、モバイル端末を活用した中国現地の消費事情の実態、IT化により利便性が高まる一方で管理強化が行われていることに対する意識等について紹介します。これらを通じて中国人消費者の現状を把握し、今後の皆様の事業展開にお役立ていただきたく考えております。

 

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。

 

日付 2018年6月19日(火)
受付 13:00 ~ 13:30
講義 13:30 ~ 16:30
会場 新宿アイランドタワー20階

モバフ新宿アイランドセミナールームhttp://www.shinjuku-i-land.com/access.html

講演内容 ・中国消費市場概観及び消費事情

・中国人消費者の意識変化及び生活事情(消費・住宅etc)

・シェアリングビジネスや電子マネーが普及した背景

・モバイル端末を活用した消費者ビジネスの現場

・管理社会に対する認識 etc

講師 呉 明憲 

株式会社TNC リサーチ&コンサルティング代表取締役

拓知管理諮詢(上海)有限公司 総経理

参加費 2,000円(6月19日以降お支払いの場合は3,000円)
・顧問先は2名様まで無料

・弊社と同業の企業については参加をご遠慮いただいております。

定員 50名

 

 

【お申込み】下記リンク先より参加申込書をダウンロードしてご記入の上、6月13日までに、Eメールにてお申込み下さい。定員に到達次第締め切りとさせていただきます。

 

【お問合せ】小塩 info@tnc-cn.com  TEL :(日本)050-5806-2111 (中国)021-6270-0022 

 

TNC中国セミナー参加申込書(2018年6月セミナー)

謹賀新年2018

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新春のお喜びを申し上げます

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。

昨年は皆様のおかげでよい一年を過ごすことができました。大変ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社TNCリサーチ&コンサルティング

拓知管理諮詢(上海)有限公司

代表 呉 明憲

週刊ダイヤモンド(2017年11月25日号)掲載記事『日系コンビニ初の南京出店 日本の6倍売り上げる店も ローソン快進撃の理由』

弊社代表の呉明憲の寄稿記事『日系コンビニ初の南京出店 日本の6倍売り上げる店も ローソン快進撃の理由』が週刊ダイヤモンド2017年11月25日号のWorld Scope ワールドスコープ from 中国のコーナーで掲載されました。

 

WeChat 圖片_20171122024640

【TNC中国セミナー(東京・上海)】中国における不正事例及び対策

 中国で物事を進める、依頼をする、お付き合いをするといった中で「賄賂」や「キックバック」といった不透明なお金が話題になることがよくある、ということをご存知の方は少なくないかと思います。公務員に対する贈賄は当然問題ですし、商取引の中でキックバックを提供したり、受け取ったりすることも当然問題です。これらを含む不正は未然に防ぐことができれば一番良いのですが、発覚した場合の対処の仕方によりその後の会社内における規律に大きく影響を及ぼします。甘く対処してしまうと「この会社はこの程度は許されるんだ」と誤解を招きかねません。そしてこれに気づいた社員がやってられないとばかり会社を離れてしまうことは、優秀な人材の離脱にもつながってしまいかねません。

 

 今回は、こういった行為が発覚した場合、どういった罰則を受けることになるのか、どのような影響が生じるか、そして未然に防ぐにはどうしたらいいか、等についてご紹介いたします。

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。

 

キャプチャ

 

【お申込み】下記参加申込書ダウンロードしてご記入の上、開催3日前までに、Eメールにてお申込み下さい。定員に到達次第締め切りとさせていただきます。

【お問合せ】小塩 info@tnc-cn.com  TEL :(日本)050-5806-2111 (中国)021-6270-0022    

 

TNC中国セミナー参加申込書(2017年12月セミナー)

2016年中国コンビニ店舗数ランキング

 中国連鎖経営協会のレポートによると、中国のコンビニの市場規模が1300億元を超えています。中国のコンビニの売上ランキングも知りたいところですが、ここでは店舗数ランキングを紹介します。日本でおなじみの銘柄で見ていきましょう。

 

 第7位のファミリーマート、前年比20.6%増の1810店舗、第11位のセブンイレブン、前年比なんと242.8%増の1371店舗、加盟店をかなり募集したのでしょうか。そして昨日紹介した第14位のローソンが前年比79.55増の1003店舗となっています。

20170516165211_1562_lssize

 

 ボストンコンサルティングの調査した37社のうち、1社が日販1万元超、4社が日販6000元、平均水準で見るとわずか3000-4000元という結果が出ています。おそらく上位陣とはかなり離れた数値でしょうし、ここ最近の賃料負担増、人件費増の影響を考えると、今後このあたりは淘汰されていくのでしょう。

TNC無料セミナー(東京):今こそ知るべき中国市場の可能性 ~中国人消費者の心理とは~

 中国人旅行客の爆買いが落ち着きを見せる一方で、中国国内では消費市場が年々拡大しています。ついこの間まで世界の工場と呼ばれていたにも関わらず、2015年の時点でGDPの半分以上を第三次産業が占めるようになり、今では世界中から多くのプレーヤーが中国人消費者の財布の中を狙う時代へとすっかり変貌を遂げてしまっています。日本では今後の人口減少とともに経済規模も縮小していくという不安が沸き上がっていますが、このような状況の中で隣国の中国市場に目を向けようとしないのはリスクといえるのではないでしょうか。しかしながら、目を向けたくともどのようなアクションを起こせばよいのか、自社の持つ商品・サービスがどの程度中国市場で勝負できるのか、について悩んでいる企業も少なくないのではないか思います。

 

 消費市場といえばまずは物販を思い浮かべる人も多いと思いますが、今回のセミナーではさらに対象を広げて、物販や飲食も含む、大きく言えばサービス分野全般までを対象に解説いたします。そして、中国人消費者の行動がいままでどのように変化し、そのような中国人消費者に対してどのようにアピールするのか、もっと大きく言えばそもそも中国市場とはいかなるものかを知っていただき、皆様の今後の中国事業の方針を策定するうえでご参考いただけるような内容にしたいと考えております。

 

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。

 

 
開催日 2017年5月26日(金)
開催時間 9:30~11:30(受付 9:00~9:30)
会場 新宿アイランドタワー20階モバフ新宿アイランドセミナールーム

http://www.shinjuku-i-land.com/access.html

講演内容 ・中国消費市場規模推移

・富裕層よりも中間層~中間層の増加による

    消費行動の変化

・中国ネットショッピング市場

・日系ブランドはどのようにみられている 

 のか 

・今後注目すべき分野は?エリアは?消費拡

 大はどこまで続く?

・中国人消費者にどのようにアピールすべきか

・中国人消費者をいかに取り込むのか

講師 呉 明憲 

株式会社TNC リサーチ&コンサルティング代表取締役

拓知管理諮詢(上海)有限公司 総経理

定員 60名
参加費用 無料

 

【お申込み】下記リンク先よりダウンロードした参加申込書にご記入の上、5月23日までにEメールにてお申込み下さい。定員に到達次第締め切りとさせていただきます。なお、主催者と同業を営む企業からのご出席はご遠慮願います。

 

【お問合せ】Ms徐 TEL :(日本)050-5806-2111 (中国)021-6270-0022 

 

TNC無料セミナー参加申込書(2017年5月セミナー)