お知らせ

TNCリサーチ&コンサルティングのニュースをお届けします。

TNC無料セミナー(東京):今こそ知るべき中国市場の可能性 ~中国人消費者の心理とは~

 中国人旅行客の爆買いが落ち着きを見せる一方で、中国国内では消費市場が年々拡大しています。ついこの間まで世界の工場と呼ばれていたにも関わらず、2015年の時点でGDPの半分以上を第三次産業が占めるようになり、今では世界中から多くのプレーヤーが中国人消費者の財布の中を狙う時代へとすっかり変貌を遂げてしまっています。日本では今後の人口減少とともに経済規模も縮小していくという不安が沸き上がっていますが、このような状況の中で隣国の中国市場に目を向けようとしないのはリスクといえるのではないでしょうか。しかしながら、目を向けたくともどのようなアクションを起こせばよいのか、自社の持つ商品・サービスがどの程度中国市場で勝負できるのか、について悩んでいる企業も少なくないのではないか思います。

 

 消費市場といえばまずは物販を思い浮かべる人も多いと思いますが、今回のセミナーではさらに対象を広げて、物販や飲食も含む、大きく言えばサービス分野全般までを対象に解説いたします。そして、中国人消費者の行動がいままでどのように変化し、そのような中国人消費者に対してどのようにアピールするのか、もっと大きく言えばそもそも中国市場とはいかなるものかを知っていただき、皆様の今後の中国事業の方針を策定するうえでご参考いただけるような内容にしたいと考えております。

 

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。

 

 
開催日 2017年5月26日(金)
開催時間 9:30~11:30(受付 9:00~9:30)
会場 新宿アイランドタワー20階モバフ新宿アイランドセミナールーム

http://www.shinjuku-i-land.com/access.html

講演内容 ・中国消費市場規模推移

・富裕層よりも中間層~中間層の増加による

    消費行動の変化

・中国ネットショッピング市場

・日系ブランドはどのようにみられている 

 のか 

・今後注目すべき分野は?エリアは?消費拡

 大はどこまで続く?

・中国人消費者にどのようにアピールすべきか

・中国人消費者をいかに取り込むのか

講師 呉 明憲 

株式会社TNC リサーチ&コンサルティング代表取締役

拓知管理諮詢(上海)有限公司 総経理

定員 60名
参加費用 無料

 

【お申込み】下記リンク先よりダウンロードした参加申込書にご記入の上、5月23日までにEメールにてお申込み下さい。定員に到達次第締め切りとさせていただきます。なお、主催者と同業を営む企業からのご出席はご遠慮願います。

 

【お問合せ】Ms徐 TEL :(日本)050-5806-2111 (中国)021-6270-0022 

 

TNC無料セミナー参加申込書(2017年5月セミナー)

 

週刊ダイヤモンド(2017年4月15日号)掲載記事『民間企業にも広がる「反腐敗」の動き 賄賂通報で奨励金支給』

弊社代表の呉明憲の寄稿記事『民間企業にも広がる「反腐敗」の動き 賄賂通報で奨励金支給』が週刊ダイヤモンド2017年4月15日号のWorld Scope ワールドスコープ from 中国のコーナーで掲載されました。

 

無題

【TNC中国セミナー(上海・東京)】中国における模倣対策~偽物をつまみ出せ!~

 久しぶりにセミナーを開催しますのでご案内いたします。以下、案内文です。

 

 以前ほどの勢いがなくなったとはいえ、中国は今でも多くの模倣品が出回っています。消費者としては廉価でブランド品にそっくりな商品を購入することができるというメリットが感じられるかもしれません。しかし、ブランドを保有する企業からすると、今まで長い時間をかけて築き上げてきたブランドが、安易に模倣され、品質基準も満たさず廉価で市場に出回ることで自社商品に悪影響を及ぼすことが考えられます。「偽物が出回るくらい知名度があるのはいいことだ」と逆説的な言い方もありますが、やはり模倣品による悪影響はできるだけ排除しておきたいところです。
そこで今回のセミナーでは中国における模倣対策について紹介いたします。知的財産権の基本的な状況について解説するとともに、現地で実際に発覚した事例、取り締まり状況等について紹介することで、模倣品による被害からいかに逃れるかといった、今後の中国事業運営にご参考いただくことを考えています。
ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。

 

【講演内容】
・知的財産権及びその登記
・Eコマースにおける商標
・商標トラブル事例
・知的財産権被害状況
・商標権侵害取り締まり状況
・商標権侵害取り締まり現場

 

【日時、会場及び参加費用】
開催日:上海:2017年4月12日(水)/東京:2017年4月21日(金)
開催時間:各会場とも14:00~16:00(受付13:40~14:00)
会場:上海:古北湾大酒店5Fセミナールーム 
   東京:新宿アイランドタワー20Fモバフ新宿アイランドセミナールーム
定員:各会場とも30名

 

【参加費用】上海会場:500元(開催日3日前以降支払いの場合800元)
      東京会場:8,000円(開催日3日前以降支払いの場合13,000円)
      TNCの顧問先は2名様まで無料

 

下記リンク先より申込書をダウンロードいただき、必要事項を記載したのちに電子メールでお送りください。


TNCセミナー参加申込書(2017年4月商標セミナー)

週刊ダイヤモンド(2017年3月4日号)掲載記事『世界取引シェア9割超の中国が本腰を入れ始めたビットコイン取引規制』

 弊社代表の呉明憲の寄稿記事『世界取引シェア9割超の中国が本腰を入れ始めたビットコイン取引規制』が週刊ダイヤモンド2017年3月4日号のWorld Scope ワールドスコープ from 中国のコーナーで掲載されました。

 

キャプチャ

TNC上海設立10周年

 大した話ではないのですが、本日訪問先の方と話ししていたところ、ふと当社(TNC上海)の設立10周年であることを思い出しました。当初は知人が経営しており、私自信が携わるようになったのは2011年10月からなのでまだ5年4ヶ月なのですが、会社としては10周年という節目を迎えたわけであります。前にもどこかの節目で同じようなことを書いたのですが、まだまだ自分がイメージする姿にまではなっておりません。今後は今まで以上に気合をもっていかなければならないと思う次第であります。今後とも引き続きどうぞ応援のほどよろしくお願いいたします。

週刊ダイヤモンド(2017年1月14日号)掲載記事『欧米有名ブランドが続々と販売権を回収 中国事業は次の段階へ』

 弊社代表の呉明憲の寄稿記事『欧米有名ブランドが続々と販売権を回収 中国事業は次の段階へ』が週刊ダイヤモンド2017年1月14日号のWorld Scope ワールドスコープ from 中国のコーナーで掲載されました。

1

 

商工クラブセミナーに登壇 ~中国空調企業格力の取り組み~

 先日縁あって商工クラブの地域連絡会のセミナーに登壇する機会をいただきました。

 

 %e7%9c%8b%e6%9d%bf

 エリアで集まめる部会と違い、幅広い業種の方々にお集まりいただきました。

 

 %e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

 

 今時中国国内では星の数ほどとまではいいませんがかなり多くのセミナーが開催されており、ゲストスピーカーでテーマを決め打ちの場合はともかく、自社開催の場合も含めてこちら側でテーマを考える場合、どんなテーマで話せばいいのかいつも考え込んでしまいます。そこで今回考えたのは非日系企業、特に中国企業に焦点を当てて、彼らがどのような取り組みをしているのかを紹介するような内容にしました。一般的に日系企業は他の日系企業がどのような取り組みをしているのかについて興味を持つ傾向にあり、日系企業であるがゆえの情報の入りやすさもありますが、中国企業となるとそれほど知っていないのではないかということからこのようなテーマを取り上げました。そして、紹介した企業は格力(GREE)という空調の会社です。かなりの勢いで成長した企業でもあり、既に取引をしておられる方、あるいは興味を持つ方も多いのではないかと思いました。

 

%e6%8e%a8%e7%a7%bb

 

 最近ここのトップが集団公司のトップを解任された(集団公司の子会社に当たり上場している股份公司のトップの座は引き続き留任)ということで話題の董明珠さんという方がいますが、格力の取り組んできた歴史というのは彼女が取り組んできた歴史のようなもので、そのあたりを中心に紹介しました。また、同じ空調会社ということで、ダイキンとの比較を財務諸表ベースでも紹介し、特に売掛、在庫、買掛の比較を行ってみました。

 

 かなり以前に自社で非日系企業の取り組みというようなテーマでセミナーを開催したことがあるのですが、他をテーマにした時のセミナーと比べて集客がしんどかったこともあり、同様のテーマでお話をするのはそれ以来ということでしたが、関心を持っている人は多いのではないかと思っております。

 

 商工クラブ開催のセミナーには約10年ぶりに登壇しましたが、またこのような機会があればと思っております。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

【TNC中国セミナー(東京・上海)】トランプ後の中国経済~日本企業としてどこまで中国市場にコミットすべきか~

 先日の米国大統領選挙を受けて、来年1月よりトランプ大統領が誕生します。日本に対する直接的な影響が気になるのはもちろんのこと、中国経済に対してどのような影響を与えるのか、そしてその影響が日本にどのように波及していくのか、非常に気になるところであります。

 

 また、日本において近年中国のネガティブな面に関する報道等が増えてきています。「中国経済急減速」、「爆買いバブル終了」、「不動産バブル崩壊懸念」、「過剰生産」、のきなみマイナスワードばかりです。このような報道を受けて、これからは中国以外の市場を志向すべきという声も上がっていますが、果たして世界最大のマーケットといえる中国という市場への挑戦を安易に放棄していいものでしょうか。 

 

 中国に拠点を持たない企業はメディア報道による影響が強いため、中国に対してネガティブに考えがちですが、中国に拠点を持つ企業の多くはそこまでネガティブに考えていない方も多くいます。今後も中国とのビジネスが続く限り、はたして中国が今後どのように変化していくのか、より多くの方面から考察したうえで方向性を定めていく必要があるといえるでしょう。

 

 今般のセミナーでは日中だけの関係に加えて、新大統領が誕生する米国が日中、特に日本企業に対してどのような影響を与えるのかについて、より多くの客観的データ、客観的事情をもとに検証し、日本企業が今後中国市場に対してどこまでコミットしていくべきかについて考察することで、皆様の中国戦略の参考にしていただきたいと思っております。

 

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。 

1

2

 

 

【お申込み】下記リンク先より参加申込書にご記入の上、開催3日前までにEメールにてお申込み下さい。セミナー代金振込先口座番号をお伝えいたします。なお、定員に到達次第締め切りとさせていただきます。

 

 TNC12月中国セミナー申込書

 

 

【お問合せ】Ms徐 TEL :(日本)050-5806-2111 (中国)021-6270-0022