その他

中国も消費者ビジネスに関しては民主的だったりして

 先日ライドシェアの車に乗っていた時のことです。この日の運転手はやたら話しかけてくる人でした。普段は消費者としてしばしばライドシェアを利用しますが、運転手側になって考えることがなく、この運転手はこの辺りについて色々話してくれました。

 

運転手 日本でライドシェアはないの?

私 一部地域で試験的にはあるようだけど、原則的には認められていない。中国は認められているからできるんよね。消費者にとってはありがたいわ。

運転手 中国だって全ての地域で認められているわけではない。ちなみ上海だって正式には認められてないよ。

私 え?認められてないということは、もし警察に見つかったらどうなるの?

運転手 罰金3万元

私 ええええええええ!!!!!!リスク高すぎやんか!

運転手 でもね、これを滴滴(ライドシェアのプラットフォーム)が払ってくれるんよ。

私 結構ぎりぎりの商売しとるんですなあ、滴滴も。しかしこのビジネスモデル、タクシー業界は騒がないの?

運転手 タクシー業界が騒いだって消費者が求めてるサービスなんだから、消費者の民意というやつよ!日本はあかんのかね?

私 日本はねえ、物事を変えたり新しいことをするのは大変なんよ。

運転手 もったいないねえ。仕組みとかでき上ってるし、消費者も欲しがってるサービスだと思うので、やったらいいのにねえ。

私 ねえ。

 

一党独裁の中国においても、こういうところは民主的だったりする。

謹賀新年2018

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新春のお喜びを申し上げます

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。

昨年は皆様のおかげでよい一年を過ごすことができました。大変ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社TNCリサーチ&コンサルティング

拓知管理諮詢(上海)有限公司

代表 呉 明憲

中国の出会い系アプリ

 ちょっとここ最近忙しくてちゃんとした内容の記事を書くのが大変なので、今日はまったくビジネスとは関係なさそうなことでも書いてみることにしました。

 

 日本で出会い系というとちょっとイメージが悪いですが、中国にも出会い系はあります。ある日なんと無しに携帯をいじっていたところ、怪しげな名前のアプリにたどり着きました。二つ紹介しますね。

 

1.陪我旅行

 陪我旅行、直訳すると「私と一緒に旅行して」という意味です。辺境の地を仲間を募って旅行するような意味合いであればそれなりに健全なのでしょうが、男としての本能でいかがわしい使い方を想像する人もいるかと思います。私、想像しました。そして想像通りでした。

 WeChat 圖片_20171130110720

 この人たちのリクエストを見るとエジプトに行きたいとか、マカオに行きたいとか、万々買い物するとか、好き勝手なことを書いてます。つられてしまう男がいるんでしょうねえ。

 

2.同城床約

 同城床約、直訳すると「同じ都市でベッドの約束」といかがわしいことこの上ないです。ちょっとどんなものか見てみましょう。WeChat 圖片_20171130111740 WeChat 圖片_20171130111748 WeChat 圖片_20171130111753 WeChat 圖片_20171130111758

 

 嘘くさい写真も交じってますが、年齢、身長、収入まで開示されています。実際に街で声をかけるのは勇気がいりますが、ケータイだと指で操作するだけで無限に声をかけることができてしまいます。ダメもとでアタックしている人いっぱいいんでしょうなあ。でも、ひょっとするとややこしいのがいるかもしれないので気を付けないといけないですね。

 

 実際に活用するかどうかはその人次第ですが、刺激に飢えている方には暇つぶしにはなるでしょうね。

中国のグループインタビュー

 この間の週末にとあるB2C企業向けのグループインタビューを実施してきました。回答内容はお客様のためだけのものなのでここでは書きませんが、その時の雰囲気について紹介したいと思います。

 

 30歳前後、40歳前後、50歳前後をそれぞれ男女で行い合計で6組行いました。私たちはマジックミラー越しにその様子を眺めるというものです。

 

20171107214331

 

30歳前後男:発言は一人ひとり、秩序あり。身だしなみは比較的おしゃれ。

30歳前後女:発言はほぼ一人ひとり、秩序あり。身だしなみは比較的おとなしめ。

40歳前後男:落ち着いた身だしなみ。かなりわいわいがやがや。

40歳前後女:落ち着いた身だしなみ。比較的秩序あり。

50歳前後男:落ち着いた身だしなみ。ちょっとわいわいがやがや

50歳前後女:かなりわいわいがやがや。身だしなみはちょっとおばちゃん的

 

 あらかじめ申し上げておきますと、おばちゃん的というのはあくまで私個人が思ったイメージです。

 

 そこそこ豊かな人達を集めましたが、当初思っていたイメージとしては若い人ほどきちんとした会議ができて、年齢を重ねるほど朝まで生テレビのようなわいわいがやがやになると思っていたのが、たまたまこの日がそうだっただけかもしれないですが、40歳前後男のグループが最も勢いがあるというか、がやがやしてました。女性は年齢を重ねるにつれてちょっと大阪のおばちゃん的に、男性は若い人はスマート、50前後は落ち着きがあり、40歳前後が一番血気盛ん、そんな感じでした。こういうのをやると確かにいろんな意見が出てきて非常に参考になりますね。自分たちの持つ商品・サービスのどこが思っていたよりも強くて、どこが思っていたよりも弱くて、というのが割と浮き彫りになったのではないかと思いました。

 

 だいぶん以前ですが、アニメオタクたちを集める同じようなグループインタビューを開催したことがるのですが、その時の一組目はインパクトが相当強かったのを覚えています。6人くらいがエレベーターから出てきたのですが、見た瞬間に誰しもがあのグループはアニメオタクだと絶対わかるような強烈なオーラを漂わせていたのです。このときも割といろんな話が聞けていいインタビューになった記憶があります。

 

 さて、もうすぐ筆起こししたものがフィードバックされるので、それを取りまとめに入らないと!

中国各地の小売業の職種別平均給与

 採用というのは難しい。面接で相手のすべてを理解するのはほぼ不可能だと思っていて、実際に働き始めてからでないと本当の姿はなかなか見ることができないと思っています。面接のときの受け答えがしっかりしていても、いざ働き始めると期待外れなことがありますし、その逆のタイプの人がいたとしても、そういう人の場合面接の段階で弾き飛ばされ、本当の姿を知ることができません。いろんな人と話しましたが、結局のところ面接ですべて見通すのはやはり難しいなあと同じような考え方を持つ人も結構います。企業規模が大きいところはたくさんの人数を抱えることができるので、レベルに差があったとしてもうまく中和させることができるでしょうが、うちくらいの規模だとそういうわけにもいきません。

 

 先日も知り合い経由で紹介していただいた方と面接をして、こちらとしてはいいなあと思って採用したいと返事をしたのですが、仕事内容と条件が合わないということでお断りされました。こちらの考えと相手の考えがマッチしなかったということですね。過去には先方のほうがこちらを気に入り、逆にこちらのほうが気に入らなかったケースがありましたが、今回は逆でした。仕事内容を理由にするのは断り文句としてはありきたりな言葉でしょうが、条件、要するにこちらの提示した待遇が今一つだったのかもしれません。本当のところどのように思っているかはわかりませんが、条件面の要因も大きかったのかなあと。小売業に従事している人でしたが、中国各地の小売業の職種別の平均給与はこちらです。

 

20170702105601_4062_lssize

こちらとしてはこの表にある水準から鑑みた水準を提示したと思いつつ、一方で条件面についてはちょっとした事情があってあまり思い切った条件を提示できなかったのですが、さはさりながら、うちとしてももうちょっと思い切ってもよかったなあと思っています。思い切りの良さって必要ですね。今回は残念でしたが、ぼちぼち探していきます。冒頭に面接で相手の全てを理解するのはほぼ不可能と思っていると書いたばかりですが、じっくりと見極めながら探してきます。あせって探すよりかはましでしょうからね。

韓国から中国へのフライトは要注意?

 昨日知り合いのプロレスファンの香港人と話していた時に教えてもらった話です。台湾から上海浦東へのフライトが5時間ほど遅延し、たまたま韓国からの到着便と時間帯が重なってしまったとのこと。今の中国と韓国の関係を反映したのかどうかわかりませんが、荷物引き取り後の荷物チェックがかなりうるさかったようです。韓国からやってきた人だとわかると、その人を捕まえて、こんな会話があったようです。

 

税関職員   「キャリーバックはいくつですか?」

 

韓国帰りの人 「2つです」

 

税関職員   「中には何が入ってますか?全部言ってください。」

 

韓国帰りの人 「AとBとCとDが入ってます。」

 

税関職員   (実際にキャリーバッグを開けて)「おやおや、Eがはいってるじゃない。これさっき言ってなかったですよね?ほかにも漏れてないか詳しく調べますね」

 

などというやり取りが行われた人がたくさんおり、聞かれた韓国帰りの人もムーディー勝山のように話を聞き流すわけにはいかず、最後にX線を通すところで大渋滞。

 

WeChat Image_20170627223147

 

    しかも到着したのは深夜。韓国便でもコミュニケーションがとりづらいせいなのか韓国人は別にいいみたいなのですが、韓国帰りの中国人が狙い撃ちされたようです。なかには確かに韓国に代理購入という形で韓国製品を仕入れに行く人もおり、そういう人を取り締まるというのはわからなくもないですが、たいしてたくさんの荷物を持っていない人もやられていたようです。韓国便は要注意ですね。しかし、国家間の関係が悪化して中国内の韓国の小売店がひどい目に遭っていることについて紹介したことがありますが、こんなところにまで影響してくるとは。日中間でも関係がおかしくなってくると同じようなことになってしまうのでしょうか。数週間前に東京から上海虹橋への便でも同じように全員がX線を通させれられていましたが、このような検査が常時行われているのではなく、たまたま行われていたのだけということであればいいのですが。

偽物・模倣業者つぶし

 最近上海と東京で2回にわたって模倣対策に関するセミナーを開催しました。内容的には模倣対策というよりは模倣つぶしというほうが近いかもしれません。単に出回っている模倣品を扱っている業者をつぶしにかかるのではなく、最終的にはそれを生産している工場まで突き止めて、そこをつぶしてしまうというのが究極の目標です。例えばタオパオやアリババ、あるいはどこかの卸売市場や店舗で模倣品が出回っているとして、その店舗をつぶしにかかることはもちろん全く意味がないことではないと思います。しかしながら、川下より川上をつぶしにかかるほうがより効果的ではないかと。例えば、タオパオの店舗はアリババから仕入れているケースがありますが、この場合だと、タオパオの店舗を一つ一つつぶすよりは、アリババの業者をつぶしたほうがより効果的なのは明らかかと思います。当然おおもとは工場になりますので、工場までつぶしてしまえばかなり効果的な模倣対策になろうかと思います。もちろん、その工場が全国津々浦々にあるとかなり大変ではありますが。

 

 セミナー参加者の声を聴いていて、やはり日系企業と欧米企業の考え方は違うのだなあと改めて感じました。模倣品或いは偽物に悩まされているのはどちらも同じなのですが、それをつぶしに行こうという姿勢に違いがあります。どちらのケースでもあるのですが、おそらく最も多いのは市場に偽物や模倣品が流通しており、苦々しい思いをしていながらも行動に移せないケース。要するに悶々としているケースですね。あと、弁護士に相談するというケースですね。弁護士は法的にはどうすればいいかというアドバイス、あるいは裁判にまで移行するのであれば最もうってつけの人たちではありますが、おそらく流通ルート解明や生産工場の場所を突き止めるような作業まではなかなかやらないのではないかと思います。このような作業はやはり調査会社のほうがはまり役でしょう。日系企業でもこのような調査会社を活用している企業はあります。本国の日本にまで模倣品が入ってきてしまいやむに已まれず調査会社を活用することで解決への道を探ろうとしたケースです。ただし、日系企業だと調査会社を活用するケースはあまり多くなく、欧米企業は逆にガンガン使っている印象があります。

 

 いろんなパターンがありますが、本気で対策を取ろうとするのであれば例えば弊社であればこんなイメージで進めていきます。

 

 ネット販売の店舗をつぶしたい場合。まず、状況について理解し、そのうえでどのような進め方をしていくかの計画を策定。ネット販売で出回っている場合であればそのリンク先を削除しにかかります。オフラインと関連している場合であればそこもつぶしにかかります。つぶしにかかる作業を通じて成果が見えたとしても、またゾンビのように復活するかもしれないので、その後も定期的な管理を行います。

 オペレーションフロー

 

 もうひとつのパターンですが、相談に来られる場合、偽物・模倣品が出回っているのではないかという疑いを持っているのが初めにありますので、まずそれらの状況について伺います。お任せいただけるということになればそれらの状況・情報について検証を行い、今後の方針を策定していきます。中には解決が相当難しいようなケースもあり得ると思いますが、そのあたりについてもフィードバックします。そして流通ルート解明、生産工場の特定、ここまで行けば後は行政部門と協調して取締りへと移行します。

 

 キャプチャ

 

 日系企業の場合はまず弁護士に相談するケースが多いかと思いますが、この二つのいずれのケースでも同じですが、一般的に弁護士の出番は一番最初の相談、特に法的な面での相談ですね。そして、その次は行政部門と強調して取締りを行った後ですね。公安にまで引き渡しができれば、その後裁判等の動きになりますが、そこで弁護士の出番です。真ん中のフローは調査会社が最もはまり役だと思います。

 

 なかには調査会社で行っているような動きを自社でやろうと考える企業もいるかもしれませんが、あまりお勧めできません。まず、企業でこのような部門に人を張り付けると単純にリソースの無駄遣いになりかねないからです。それと、偽物を扱っているような業者・工場に対して尾行したりといったような探偵まがいの行為を社員にやらせるのもちょっと違うように思いますよね。中にはそういうのが好きで好きでしょうがない人もいるかもしれませんが、身に危険が及ぶかもしれないことを考えると、会社としてあまり社員に行かせるのもどうかと思います。そこは調査会社に任せて、会社のほうが何か動きがあれば調査会社と共有するという体制でよいのではないかと思います。

 

 模倣・偽物業者つぶしは当然お金のかかる話なので、被害額の多寡によってどのような対策をとるかが異なってきますし、そもそも費用対効果を考えると対策を打たないほうがいいというケースもあるでしょう。そこは企業の考え方次第ですが、市場に偽物・模倣品が流通しているのを悶々と眺めているだけでは何も解決しないのは間違いないので、対策を打つだけの価値があるかどうか、まずはここから考えてみてはいかがでしょうか。

中国から見た日本企業

 中国から見た「日本企業はなぜ敗北基調にあるのか?“三流商品を中国で販売”する態度が原因の一つ。という記事を読みました。1996年には世界トップ500に99社もランク入りしていた日本企業は、2016年には52社へとほぼ半減、以前と比べると凋落しているというような調子で書かれており、特に家電企業を中心に取り上げており、パイオニア、三洋電機、シャープといった銘柄が挙げられています。どこまでなるほどと思える文章になっているのか、ざっと内容を要約してみました。

 

 

1.過度な技術信仰

 日本の製造業は過度な技術信仰の状況にあり、性能を1%引き上げるために30%のコスト投入を惜しまない。

 

 

2.ユーザー目線、マーケティングが希薄

 技術偏重市場軽視、とにかく技術至上主義なので市場とのミスマッチングが発生。

 

 コラボの意識が欠如しているのが発展のボトルネック。匠文化の影響と思われる。

 

 中国市場で日本の消費電子ブランドが華やかなマーケティング活動をしている光景が見られない。小米、魅族、楽視等のほうがよっぽど目立つ。

 

 産業チェーンが細分化しているのは疑いようのない事実。日本企業があれもこれもすべて自前でやろうとするのに無理がある。

 

 

3.終身雇用制、日本企業は痛みを受けられない

 かつて終身雇用制は従業員にとっても保障があり、ロイヤリティも向上したが、多くの日本企業が「国有企業病」に侵されてしまっている。真面目にやってもそうでなくても収入に大きな影響はない、この状況でどうして一生懸命になれようか。

 

 出来のいい人が飛び出したいと思っても、受け皿となる会社も同じような考えで運営している、つまり人を辞めさせないので、行く先がない。結果として人材が流動化しない。これは特にやる気のある人材という資源を無駄にしている。

 

4.日本企業の中国戦略の失敗~家電企業について

 日本企業が合弁を嫌がるので、そのおかげでハイアール、長虹、康佳、TCL、といった企業が現れた。

 

 日本企業がもし中国企業と合弁していれば世界市場でのプレゼンスも違っていただろう。

 中国を生産基地としてしか見ておらず、将来的な消費市場まで視野に入れた長期的目線で考えていなかった。中国という市場に初期の段階で進出してきたのにもったいない。

 

 一般的に中国人を管理層に引き上げようとしない。幹部には中国人や華人が極めて少ない。

 

 日本企業に中国での研究開発センターの設立は欧米企業と比べて全く積極的ではない。

 

 中国人の日本企業に対する一般的な感覚は、“一流商品は日本で販売,二流商品は欧米で販売,三流商品は中国で販売”。

 

 

5.日本は起業を奨励しない文化

 インターネット関連で見た場合、アップル、ヤフー、Facebook、google、amazonといった企業に抑えられており、日本本土の企業で対抗できるところがない。

 

 ネット関連が発展しないのはオフラインが発達しすぎているのも要因の一つ。コンビニ、ドラッグストア、百貨店、自動販売機、が充実しすぎている。

 

 

6.永年の良好な印象が崩れている

 東芝とオリンパスが具体名で挙げられています。日本の会社が財務内容をごまかすようなことをするなんて。

 

 

7.古い殻に閉じこもって進歩を求めず、正確な戦略の選択と投資ができない

 世界の潮流はVCDやDVDという流れの中で、ビデオへの過剰投資。

 プラズマテレビへの巨額投資。

 

 

8.低価格競争についていけない

 低価格競争についていけず、そうこうしているうちに高価格品を捌くことができず、経営状況が悪化。家電部門売却に至る。

 

 

9.幹部にイノベーション能力がない

 日本の大企業には二種類ある。創業家族が影響力を持ち続ける企業。必ずしもファミリー企業ではない。幹部が生え抜きの会社。後者については数年で交代するので、その短期間の間にミスさえ侵さなければいいという気持ちで経営しているのがダメ。当然イノベーションを起こそうという動きにならない。それでも持っているのは中堅がしっかりしているから。

 

 

 個人的にはなるほどなあと思えるところから、結果論なのでしょうがないなあと思うところもありました。書いていることは特に中国だからというわけではなく、日本でも同じような論調で書いているものもありますよね。そして、その内容が今の時代でも過去の時代でも同じようなことが書かれている、つまりなかなか変われないというのを改めて感じました。日本企業のいいところもいっぱいあると思うのですが、悪い面を取り上げるとこうなってしまいますよね。イライラする企業、残念な動きをする企業も確かにありますが、そんな中でも光る動き見せてくれる企業もいますので、上に書いたようなネガティブな記事が掲載されないようにいろいろとお手伝いしていきたいと思います。

週刊ダイヤモンド(2017年4月15日号)掲載記事『民間企業にも広がる「反腐敗」の動き 賄賂通報で奨励金支給』

弊社代表の呉明憲の寄稿記事『民間企業にも広がる「反腐敗」の動き 賄賂通報で奨励金支給』が週刊ダイヤモンド2017年4月15日号のWorld Scope ワールドスコープ from 中国のコーナーで掲載されました。

 

無題