その他

春節そうそうトイレが!!!

 中国は今春節、ビジネスチックなネタも枯渇しており、今日はタダの生活ネタを書きます。

 

 実は春節早々実は春節そうそうトイレが詰まってしまいました。よりによってこんなときに。しかもこないだ詰まってからまだ1か月もたっていない。こないだは便器に空気を一回打ち込んでつまりを解消させただけで、行ってみればその場しのぎの処理だったといえます。今回もおんなじ調子でその場しのぎの処理をするとまた一か月もしないうちに同じことが起こるだろうと思い、サービスマッチングアプリでトイレ詰まりの業者を予約しました。料金は2段階あり、ひとつは普通に詰まりを処理するもので258元、もうひとつが便器をいったんどけて、管を徹底的に通すというもので、これが358元。前者の処理だと結局その場しのぎの処理に過ぎないと思いましたし、わずか100元の差で便器を外して管を直接処理するほうが絶対にいいですよね!ということで、358元を選択。2月6日に業者はやってきました。日本の間隔でいうと正月の2日にやってきたような感じです。この時期にやってきてくれるというのは本当にありがたい。ひょっとすると春節明けまで業者は誰一人としてやってこないのではないかと思っていたので。

 

 さて、詰まり解消処理を開始。便器から管を通して処理をして、とりあえず今日の業務は終了と告げられてしまった。こっちが予約したのは便器を外して管を直接処理するもの、話が違う。それを伝えると、便器を外した処理をするとカネもかかるし、しばらく(24時間)使えなくなってしまうので、あなたにとってもよくないと言ってきやがる。カネもかかるといわれても、そもそも前払いで358元をすでに支払っているし、しばらく使えないのは確かに嫌なのだが、こういう時に徹底的に処理しとかないと、あとからまた同じもんだが起こるのが嫌なので、「どうしても便器を外したくないんだったらもう帰っていいけど、お金はどうするの?こっちはもう払ってるし」というと、「サービスに不満があったと伝わると処分されてしまうかもしれない」とぶつぶつ言いながらしぶしぶ作業を再開。しぶしぶ再開すんなよ!そもそも最初からこっちはそのつもりで依頼してるのだから。結局処理してくれたので良かったのですが。その後24時間使ってはいけないという言いつけはまじめに守りました。

 

 このやり取りで思ったのが、一般家庭でもその場しのぎの処理で満足してしまっている人が多いのではないかと。業者もそれに甘えてその場しのぎの処理しかせず、またしばらくして詰まってはまた応急処置をするという繰り返し。徹底的にやってしまえばさすがにすぐ詰まることはないだろうに。なんか、問題を先送りしようとするんですよね。徹底的にやったほうが後からの心配もないのがわからないのかなあ。それとも徹底的にやろうが、その場しのぎでやろうが、いずれにしてもすぐに詰まってしまうものなのか?この話を知人にしたところ、同じようにつまり処理の業者を呼んだところ、引っ越してきたのは2年前なので、それ以上前の以前の住人にものと思われる靴下が管から出てきたとのこと。そりゃ詰まるわ。今回も含めてトイレには結構泣かされてますわ。

 

 以上、トイレが詰まったことにまつわるつまらん話でした。

2019春節快楽!

 中国では元旦ではなく旧暦で正月のお祝いをしますが、この時期を春節といいます。日本でもこの時期は中国人観光客が大勢やってくるので、多くの方におなじみではないかと思います。

 

 毎年この春節の時期は中国にいてもぼーっとするしかないので、毎年のように日本に行っては仕事をしていたのですが、今年はスケジュールの都合もあり上海で過ごすことにしました。中国で春節を迎えるのは2011年以来実に8年ぶりになります。2011年の春節は中国のどこで何をしていたかを手繰っていくとチベットに行っていたようです。多分もう一生行くことはないかなあ。春節は旅行に出ることが多かったので、上海で過ごした春節となるともういつかはっきりしません。覚えているのは浦東に住んでいた時のことですが、バイクに乗って家に帰っているときに道の両サイドから激しく爆竹が鳴ったことです。爆弾をよけて走り抜ける仮面ライダーのような気分になったことを覚えています。春節本番は2月5日からになりますが、近年上海市街では爆竹が禁止されており、ほとんど見られなくなったという人がいます。おそらくそうなのだろうと思うのですが、今年ようやく自分で確認することができます。時代の流れなのでしょうが、それにしても風情がなくなりましたなあ。

 

 「人生はチャレンジだ、 チャンスは掴め」by ジャンボ鶴田

 

 元旦に引き続きになりますが、今年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

2019年が始まります

新年あけましておめでとうございます。

2003年から中国コンサルティング業務を行っておりますが、そのころには想像していなかったスピードでの中国経済の発展に伴い、初期のころにいただいた類のご相談もありつつ、新たな分野の相談内容も増えてきております。新しく携わる業務も増えてきているわけですがが、積極的にチャレンジしていきたいと思います。

 

「人生はチャレンジだ、 チャンスは掴め」by ジャンボ鶴田

 

今年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

WeChat 圖片_20190101160309

最新の一線都市から五線都市のリスト

 中国の都市の規模間やランクを示す用語で●線都市という言い方があります。北京・上海・広州・深圳あたりが一線都市ですよね。特に明確な定義があるわけではなく、それぞれ発表する期間が決めた定義で、今回のリストは第一財経·新一線都市研究所が中国の338の地級以上の都市に対して行ったものです。

 

 では、まず一線都市から見てみましょう。この辺りはどこのリストでも同じ4都市になりますね。

1

 

最近は一線都市と二線都市の間で1.5線都市や新一線都市という呼び方がありますが、ここでは新一線都市という呼び名でリストアップしています。個人的に言ったことがない年もありますが、鄭州や東莞あたりでも新一線都市なんですね。

1@

 

 では、二線都市。二線都市の中でもこれはランク順に並べられており、なんと昆明が二線都市でトップで、大連よりも上です。かつては北の香港とも呼ばれていた大連ですが、上がりきらないまま他の都市がどんどん上がってきているといえます。

2

 

 そして三線都市。珠海って三線都市なのか。意外。パラパラと聞いたことのないと氏名が出てきます。

 3 31

 

 次は四線都市です。黄山や麗江といった観光地が上がってますねえ。この二つは観光地としては一線レベルかな。

 41 4

 

 最後に五線都市です。観光で行ったことのある都市がパラパラあります。その時のイメージがあるので。五線都市のレベルがなんとなくわかりました。

 52 51 5

 

 ご参考まで!

TNC中国セミナー(2018年10月2日:東京 「これからの中国事業の在り方 ~変わる中国、変わらない中国~」

 米中貿易摩擦が連日のようにメディアで騒がれています。米国が優勢との見方が多い中、米国および中国に事業の多くを依存する日本企業にとっては非常に気になる動きであります。日本にとっては米国も中国も非常に重要な市場であり、難しいかじ取りをしていかなければならないことが予想されます。さらに、米中の間で一応の決着が見られたとしても、あらたに日米貿易摩擦の問題も発生しかねない状況にあります。

 

 すでに中国市場に進出している企業は、今後もそれを伸ばしていかなければならず、これから中国市場に進出する企業も、このような環境を受けてどのような攻め方をすべきか考えていかなければなりません。

 

 今回は冒頭に紹介したような難しい動きの中で、中国事業に焦点を絞ったセミナーを開催いたします。現在中国が推進している一帯一路、消費者市場ではニューリテール戦略、このような流れの中で、日本企業としてどの分野を攻めるべきか、どのように攻めるべきか。また、発展とともに大きく姿を変えた中国にもいまだ変わり切れていない部分もあります。これらについてご紹介することで、今後の皆様の事業展開にお役立ていただきたく考えております。

 

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。 

 

日付 2018年10月2日(火)
時間 受付 13:00 ~ 13:30
講義 13:30 ~ 16:30
会場 新宿アイランドタワー20階

モバフ新宿アイランドセミナールームhttp://www.shinjuku-i-land.com/access.html

講演内容 ・中国経済動向概観

・中国で台頭するニューリテール戦略とは

・一帯一路、中国製造2025にビジネスチャンスはあるか

・これからの注目分野

・変わる中国、変わらない中国

・中国市場攻略に向けてすべきこと etc

講師 呉 明憲 

株式会社TNC リサーチ&コンサルティング代表取締役

拓知管理諮詢(上海)有限公司 総経理

参加費 5,000円(9月29日以降お支払いの場合は7,000円)
・顧問先は2名様まで無料

・弊社と同業の企業については参加をご遠慮いただいております。

定員 50名

 

【お申込み】

■下記リンク先より参加申込書にご記入の上、9月26日までにEメール(info@tnc-cn.com)にてお申込み下さい。定員に到達次第締め切りとさせていただきます。

TNC中国セミナー参加申込書(2018年10月)

【お問合せ】株式会社TNCリサーチ&コンサルティング

      拓知管理諮詢(上海)有限公司

      担当:小塩   Email:info@tnc-cn.com 

中国の個人情報一覧画面

 これ、こないだ中国で発生した通り魔事件の犯人の情報です。Wecahtのグループチャットで流れていたので、相当出回っているのではないかと思います。

 

無題

 

 黒塗りしていない状態で拡散されていました。身分証明書や戸籍住所部分はこちらで黒塗りしています。

 

 下の部分をよく見ると、基本情報、背景情報、活動情報というカテゴリーがあります。この画面では活動情報というのが展開されていますが、旅館宿泊情報、飛行地チケット購入情報、銀行情報、鉄道チケット購入情報という欄があり、この写真では宿泊情報として上海の旅館に泊まった情報、鉄道情報として広州から上海南駅と広州南から珠海までのチケットを購入した情報、中国工商銀行の借入関連情報が記載されています。こんなのが全部一一覧表示されてしまうのかぁ。この他、関係人分析や総合分析という表示があり、これがどこまでの内容を含んでいるのかわかりませんが、気になるところであります。外国人でも宿泊登記もするし、チケットを購入するときにパスポートを提示するので、同じようなシステムが導入されているのだろうか。この画面だけを見ると身分証明書の番号表示となっており、パスポート表示ではないので、少なくともこれと同じ画面でのシステムに外国人は含まれていないのでしょう。でもたぶん外国人のもあるのだろうなあ。自分なんて大した人物でもないのでプライバシーなんて別に知られていても気にしないと思いつつ、こんなの全部把握されているのは気分のいいものではありません。まあでも、中国は電子決済を通じて消費高度を把握されたり、あちらこちらに監視カメラもあったりして、普通の中国人だったらこれくらいのことは何とも思ってないのかも。そもそも変なことでもしない限りこの画面をチェックされることもそうそうないでしょうし。日本だとホテルなんて偽名で泊まれるし、飛行機チケットや新幹線だって本人確認しないし、それに慣れきってしまっているとここまで管理されているのはちょっと抵抗あるかもね。

KTV通いもほどほどにしましょう

 以前300元以上の経費申請はすべて日本本社に報告しなければならないというルールのある日系企業を聞いたことがあったが、これとは正反対で今回は経費に甘い会社の話。

 

 中国に駐在に来るとついつい遊んでしまう人がいます。まあそれはいいのですが、中には遊び上手な人もいれば遊び下手な人もいます。遊び上手な人は帰任するときに小姐に涙され、遊び下手な人は帰任するときに手切れ金をせびられて涙し、といったあたりでしょうか。

 

 さて、接待でKTVを利用するのは良くある話。世の中の奥様方にとっては不愉快かもしれませんが、そこはしょうがないでしょう。会社から見ても接待して商売が取れるならそれはそれでよし。しかし、あまりに金額が大きい、あるいは公私混同しているのはいかがなものか。実際にそのようなケースもあります。

 

 以前聞いた話。とある飲食店に知人が勤務しており、いい感じのお店で何度か行ったことがあるのですが、お客さんもそこそこいて繁盛していました。しばらく行かないうちにいつの間にか閉店してしまったのですが、あんなに繁盛していたのに何でかなあと思っていました。何年かしてその知人に会い当時の話を聞いたのですが、なんでも毎月のように日本本社から人がやってきて一週間ほど滞在し、滞在している間は毎日のようにKTV遊び、その費用はすべて現地法人持ち。一回あたりに使う金は1万元ほど。つまり、毎月のように7万元ほどがコストアップされていたのです。年間に引き直すと約85万元、そりゃないわ。純利益でこれだけ利益を出そうと思うとどれだけ売り上げを上げないといけないことか。当然損益状況はよくなく、あえなく閉店となってしまったわけであります。

 

 もう一つ似たような話。接待好きなのか遊び好きなのかよくわからないのですが、とにかくKTV好きの総経理。毎月のような7万元だ、8万元だとKTVでお金を落としていました。しかしこのような幸せな日々も現地法人の出資構造が変化してから雲行きが怪しくなってきました。もともと独資だったのが中国企業と合弁化したのです。すると今までお目こぼし状態にあったKTV接待の金額にチェックが入り始め、注意したところ少しは改善したものの徹底的な改善はなされず、ついに中国側はしびれを切らしてこの総経理を帰任させたのです。まあ、そりゃそうでしょう。これも同じく年間で100万元近く使ってるわけですから。どんな業界かよくわかりませんが、過去に中国の贈収賄について調べたときに獲得できた商売に対して贈賄額が3%くらいが多かったのですが、これを基準とすると3300万元くらいの売上はあげないといけないでしょう。でももしも粗利の薄いものを流すだけのよう販売会社だったら3300万元程度じゃ話にならんでしょう。

 

 さて、この接待文化、当然中国にも接待文化はあります。商売になるならないは別としてとにかく一緒にご飯に行きましょうという流れになるのはよくありますが、商売が絡んでいればより一層そのような流れになりやすくなります。二つ目の話の会社では中国人社員も接待をするのですが、会社はそれを負担してくれないとのこと。日本の企業文化に慣れ親しんでいると結構厳しい話だなあと思います。そもそも自腹で接待することを日本の会社はよしとしないですよね。自分が以前所得していた銀行ではそういう文化でした。お客さんとの間でせいぜい共通の趣味であったプロレスのビデオを貸し借りしていたくらいです。さて、それでも中国人社員はなぜ自腹を切って接待をするのか。接待することによって商売が取れ、その売り上げから上がってくる歩合が自らの収入に跳ね返るからだって。なので、ここが勝負どころと思うと一気呵成に接待するそうです。なるほど、これはこれでわかりやすい。

 

 日本企業はお客さんとの癒着を恐れ会社に稟議の上がらない、従業員が自腹で行う私的な接待を許さない。一方中国企業では接待は自腹を切らないといけないが、その結果として挙がってくる歩合を期待する。日中の考え方の違いですな。

2018年中国の大学ランキング、民間大学にもランキングあり

 過去に何度か中国の大学ランキングを紹介していますが、今回はいつもと違うところから発表されている大学ランキングをご紹介します。艾瑞深中国校友会網が作成したもので、科学出版社よりまもなく出版される《2018中国大学評価研究報告—中国高考志願填報指南(校友会版)》という報告書で2018年の中国大学ランキングトップ1200を発表しています。1200ってちょっと多すぎますが、気にしない!

 

 評価は一つ星から九つ星まであり、一つ星が地域有名大学、二つ星が地域高水準大学、三ツ星が中国有名・地域一流大学、四つ星が世界有名・中国高水準大学、五つ星が世界有名・中国一流大学、六つ星が世界高水準・中国先端大学、七つ星が世界有名高水準・中国船タタン大学、八つ星が世界一流大学、九つ星が世界トップ大学となってます。

 

 では、ちょっと多いですが、トップ200です。

 トップ200

 

 中国にも民営の大学があり、これのトップ90のランキングが発表されています。90という中途半端な数字が気になりますが。。。

 

民営大学

 

 元ネタの記事のコメント欄を見る限り、上のほうは納得できるが、それ以外は当てにならんという言コメントが見られました。確かに下のほうになるとあまりな時もがないといえばそうですが。とはいうものの、一応の参考にはできるかと思います。人材採用の際にご参考になれば幸いです。

中国も消費者ビジネスに関しては民主的だったりして

 先日ライドシェアの車に乗っていた時のことです。この日の運転手はやたら話しかけてくる人でした。普段は消費者としてしばしばライドシェアを利用しますが、運転手側になって考えることがなく、この運転手はこの辺りについて色々話してくれました。

 

運転手 日本でライドシェアはないの?

私 一部地域で試験的にはあるようだけど、原則的には認められていない。中国は認められているからできるんよね。消費者にとってはありがたいわ。

運転手 中国だって全ての地域で認められているわけではない。ちなみ上海だって正式には認められてないよ。

私 え?認められてないということは、もし警察に見つかったらどうなるの?

運転手 罰金3万元

私 ええええええええ!!!!!!リスク高すぎやんか!

運転手 でもね、これを滴滴(ライドシェアのプラットフォーム)が払ってくれるんよ。

私 結構ぎりぎりの商売しとるんですなあ、滴滴も。しかしこのビジネスモデル、タクシー業界は騒がないの?

運転手 タクシー業界が騒いだって消費者が求めてるサービスなんだから、消費者の民意というやつよ!日本はあかんのかね?

私 日本はねえ、物事を変えたり新しいことをするのは大変なんよ。

運転手 もったいないねえ。仕組みとかでき上ってるし、消費者も欲しがってるサービスだと思うので、やったらいいのにねえ。

私 ねえ。

 

一党独裁の中国においても、こういうところは民主的だったりする。

謹賀新年2018

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新春のお喜びを申し上げます

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。

昨年は皆様のおかげでよい一年を過ごすことができました。大変ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社TNCリサーチ&コンサルティング

拓知管理諮詢(上海)有限公司

代表 呉 明憲