社会

上海住宅賃料相場の動き

 私の知人が昨年賃貸契約したアパートの更新にあたり家賃据え置きで契約できたという話を聞いて、そもそも最近の住宅賃貸マーケットってどうなっているのかについて興味を持ちました。まずは上海全体の住宅賃貸市場の動きを見てみましょう。オレンジは大家さんが提示する金額、ブルーは借りようとしている人が探そうとしている価格です。なので、実際に制約する金額はこの間になるかと思います。なお、ここで示されている金額は1っか月の㎡当たりの単価ですので、例えば直近の数値は68元ですが、100㎡を賃借する場合、6800元ということになります。上海全体の動きを見る限り、オレンジの供給サイドはここ1年で緩やかに上昇していることがわかります。逆に探している側の希望価格は下がってきています。ただし、これはあくまで平均なので、高額物件、普通物件で異なる動きがみられるかもしれません。

 

上海

 

 

次に、駐在員のたくさん住んでそうな浦東新区と長寧区を見てみましょう。まずは浦東新区から。浦東新区の供給サイドはやはり上がってきております。ただし、探している側はの希望価格は上海全体の傾向と同じく下がっています。

 

浦東

 

 

 長寧区はこれ。浦東新区と同じ動きですね。供給サイドは昨年比上がり、探している側はの希望価格は昨年比下がっています。

 

長寧 

 

 

 さて、冒頭の知人が借りている物件のここ一年の家賃の動きについて調べてみました。この物件の直近の大家が提示する金額と探している側の金額はほぼ近しい数値となっておりますが、供給側から見た場合やはり金額は上がっています。そして、探している側の希望価格は落ちて上がって落ちて上がってという動きですが、一年前と比べると下がってきています。その知人の家賃は把握している限りではほぼこの表に出ている平均単価88元/月/㎡の金額で決着しています。結構実勢を反映しているといえますね。

 

茅台花苑

 

 さて、今度は駐在員が住むような高額物件を見ていきましょう。うちのオフィスのすぐ近くにある天山河畔という物件です。うちのオフィスからあまりに近いので、ここに住むお客さんは朝早くまたは夕方遅くにアポってお越しいただく人が少なくありません。表を見ていきましょう。供給サイドと需要サードの金額が離れ気味です。供給サイドだけを見ますとなんと12.5%も上がっています。需要サイドから見ると94元から96元に上がっているとしてわずか2.1%の上がり方です。高額物件の大家がいかに強気なのかが良くわかります。なお、直近の供給サイドの提示金額は107元/月/㎡ですので、220㎡のお部屋の家賃はざっくり23,500元程度になりますね。実際に住んでいる方、こんなもんですか?

 

天山河畔

 

 

 ここに示されている数字はあくまで大家の希望する、あるいは探している側が希望する平均値ですので、物件の新しさ、内装のきれいさ、フロアーの回数、方角等で数字は変わってくるかと思いますが、一応の参考にはなるかと思います。今ではその気になればこのように物件賃料の相場を調べることができますので、不動産仲介業者の言っている金額がうのみにすることなく、実勢に合っているかどうか検証することができますね。住宅の契約更改時にはこういう資料あると助かりますよね!

配車アプリドライバーの摘発

 日本ではタクシー配車をソフトバンクと連携する滴滴、上海の配車アプリ市場はこの滴滴の独壇場だったのですが、そこに先月から美団が参入し、方は新規顧客獲得、方や既存顧客防衛すべく、お互いにクーポンをバラまきまくるバトルが今もなお進行中です。最初のころは配車アプリよりもタクシーのほうが安心だという人も多かったですが、ここまで普及してきているので配車アプリのほうを好む人も増えてきています。そもそも配車アプリに登録しているドライバーってどういう要件をクリアしているのでしょうか。これに関する通達は出ておりまして、その通達によりますと、配車アプリのドライバーとして認められる要件としては、以下の4つがあります。

 

  • 相応する車型の免許証を取得して3年以上の運転経験があること
  • 交通事故犯罪、危険運転犯罪記録がなく、麻薬吸引記録がなく、飲酒運転記録がなく、最近3点数記録周期(1周期12ヶ月)以内の記録が12点未満であること
  • 暴力犯罪記録がないこと
  • 都市人民政府が規定するその他条件

 

 これら4つの条件が必要条件として定められており、これらをクリアして初めて《網絡予約出租汽车駕駛員証》が発行されます。これとは別に車両自体も登録しておく必要があります。これらに違反した場合、ドライバーは罰金1万元、3か月の免許取り上げ、もし2回目見つかった場合、罰金3万元と免許取り上げ6か月と厳しい罰則が定めれ手ています。

 

 配車アプリを使いまくっているため最近タクシーにほとんど乗らないのですが、いまでも乗車拒否したり偽タクシーもあると思うのですがぼったくりするようなのもいるイメージがあり、それにくらべれば配車アプリでやってくるドライバーのほうがよほど健全といえそうです。

 

 とはいうものの、ルールを守らない人はやはりいるようで、4月3日午前に上海の空港や駅等の14か所で取り締まりを行ったところ、登録プラットフォームでいうと滴滴29件、美団6件、神州1件、嘀嗒1件を摘発し、プラットフォームの滴滴、美団には「運営資格を持たないドライバーまたは車両に対して求車情報提供サービスを提供」した場合に課せられる10万元の罰金がそれぞれに課せられました。

 

運転手

運転手を摘発した書類

 

会社

プラットフォームに対する罰金の通知書

 

 プラットフォーム側としてはドライバーがズルするのまで管理するのは大変ですが、こういうことの繰り返しの中でルールを守らないドライバーを淘汰し、サービスの質を上げていくということでしょう。最近利用するたびにというとオーバーですが、結構な確率で利用した後にプラットフォームである滴滴や美団から電話がかかってきて、「車両のナンバープレートは登録しているものと同じ番号だったか」と確認の電話が入ってくるのですが、こうしてルールを守らないドライバーを排除していこうとしているのでしょう。

 

 個人の体験から言うと少なくとも配車アプリドライバーのほうがタクシードライバーよりもサービスはいいですし、車もきれいだと思いますが、利用者からの評価制度も導入されているので、さらにサービスが向上していくことでしょう。消費者としてはありがたい限りです。

2018年中国の大学ランキング、民間大学にもランキングあり

 過去に何度か中国の大学ランキングを紹介していますが、今回はいつもと違うところから発表されている大学ランキングをご紹介します。艾瑞深中国校友会網が作成したもので、科学出版社よりまもなく出版される《2018中国大学評価研究報告—中国高考志願填報指南(校友会版)》という報告書で2018年の中国大学ランキングトップ1200を発表しています。1200ってちょっと多すぎますが、気にしない!

 

 評価は一つ星から九つ星まであり、一つ星が地域有名大学、二つ星が地域高水準大学、三ツ星が中国有名・地域一流大学、四つ星が世界有名・中国高水準大学、五つ星が世界有名・中国一流大学、六つ星が世界高水準・中国先端大学、七つ星が世界有名高水準・中国船タタン大学、八つ星が世界一流大学、九つ星が世界トップ大学となってます。

 

 では、ちょっと多いですが、トップ200です。

 トップ200

 

 中国にも民営の大学があり、これのトップ90のランキングが発表されています。90という中途半端な数字が気になりますが。。。

 

民営大学

 

 元ネタの記事のコメント欄を見る限り、上のほうは納得できるが、それ以外は当てにならんという言コメントが見られました。確かに下のほうになるとあまりな時もがないといえばそうですが。とはいうものの、一応の参考にはできるかと思います。人材採用の際にご参考になれば幸いです。

長蛇の列はサクラだった!!!

 店舗にたくさん人を並んでいる光景を見かけることがあります。それを見て思わず「なにを並んでいるのですか?」と並んでいる人に聞くことはありませんでしょうか。たくさん人が並んでいると一体何だろうと興味がわきますよね。実際私は聞いたことがあります。その時の答えは「読書会」だったのですが、読書会にあんなに人が並ぶのはあんまり理解できなかったなあ。こういうのに並ぶのが面倒で一度代わりに並んでくれる並び屋さんにお願いしたことがあります。ところがどっこい、並んでいる人はなんとサクラがたくさん混じっているそうな。

 

1

 

 サクラがたくさん混じっているということで名前が挙がったのが喜茶と鮑師傅です。後者は知らないのですが、前者はよく聞く名前です。さて、サクラのからくりを見ていきましょう。

 

 サクラの手配をする会社というのがありまして、ここが人集めを行います。集められた人は指定の時間に現場に行き、まずは受付を行い、それから並ぶように指示されます。

 

2

(受付の様子)

 

 集まった人数にもよりますが、何回か回して一日中行います。商品にもよりますが、物によっては購入した後店舗に返却して使いまわしします。売上にはならないわけですが、ぱっと見はとても繁盛しているように見えますよね。購入しようという消費者に対するアピールと、加盟してみようかという業者に対するアピールになります。これが消費者向け商品の場合。

 

  消費者向け以外にも、例えばビジネス系に発表会があり、普通にしていれば集まらないものをサクラをかき集めて会場を万人にするのです。ゲストとして投資家を呼び、会場が埋まっている様子を見せつけるというものです。

 

 日本でもサクラという言葉があるくらいなので、中国でも同じなんだなあと。ただ、このような動きに対して不正当競争、虚偽事実をでっちあげることにより消費者を誤解させる、ということで反不正当競争法、広告法、消費者権益保護法に反するという見方もあるようです。でも実際に店頭で購入までさせるとなかなかわかりづらいのではないかと。とはいうものの、あんまり極端だとその指導が入るみたいで、ばれてしまったお店の言い訳が、「ほかの店もやってたから」。あんまり行き過ぎるとこれだけのための通達が出るかもしれないですね。

中国の出会い系アプリ

 ちょっとここ最近忙しくてちゃんとした内容の記事を書くのが大変なので、今日はまったくビジネスとは関係なさそうなことでも書いてみることにしました。

 

 日本で出会い系というとちょっとイメージが悪いですが、中国にも出会い系はあります。ある日なんと無しに携帯をいじっていたところ、怪しげな名前のアプリにたどり着きました。二つ紹介しますね。

 

1.陪我旅行

 陪我旅行、直訳すると「私と一緒に旅行して」という意味です。辺境の地を仲間を募って旅行するような意味合いであればそれなりに健全なのでしょうが、男としての本能でいかがわしい使い方を想像する人もいるかと思います。私、想像しました。そして想像通りでした。

 WeChat 圖片_20171130110720

 この人たちのリクエストを見るとエジプトに行きたいとか、マカオに行きたいとか、万々買い物するとか、好き勝手なことを書いてます。つられてしまう男がいるんでしょうねえ。

 

2.同城床約

 同城床約、直訳すると「同じ都市でベッドの約束」といかがわしいことこの上ないです。ちょっとどんなものか見てみましょう。WeChat 圖片_20171130111740 WeChat 圖片_20171130111748 WeChat 圖片_20171130111753 WeChat 圖片_20171130111758

 

 嘘くさい写真も交じってますが、年齢、身長、収入まで開示されています。実際に街で声をかけるのは勇気がいりますが、ケータイだと指で操作するだけで無限に声をかけることができてしまいます。ダメもとでアタックしている人いっぱいいんでしょうなあ。でも、ひょっとするとややこしいのがいるかもしれないので気を付けないといけないですね。

 

 実際に活用するかどうかはその人次第ですが、刺激に飢えている方には暇つぶしにはなるでしょうね。

住宅価格は可処分所得の何倍?

 住宅価格は年収の何倍が妥当か。年収の絶対額、年齢、貯金額により一概に言えませんが、一つの目安として考えてみましょう。日本の銀行でローンを組む場合、一般的に頭金が2割、年間返済額は年収の25%くらいかと思います。ここでは、計算しやすくするために頭金なし、年収1000万円で考えてみましょう。1000万円の25%を年間返済額とすると年間250万円の返済、20年ローンだと5000万円ということになります。収入が仮に600万円だと25%相当額は150万円、20年ローンだと3000万円、30年ローンだと4500万円の住宅を購入することができます。ということは、現実のケースとの誤差はあるかと思いますが住宅価格はざっと年収対比5~8倍くらいということになります。これ日本の場合です。

 

 さて、中国の場合はどうでしょうか。住宅価格を可処分所得で割った数値というのが都市ごとに計算されています。家族構成は夫婦と子供一人、住宅面積は90㎡とします。ちなみに可処分所得は一人一人ではなく一家庭を統計単位としています。これによって全国の主要都市の数値がこれです。

 

WeChat 圖片_20171115171504

 

 以前にも似たような記事を書いたことがありますが、相も変わらずものすごい数値です。一番小さい値が銀川の5.06、そして一番大きいのが深圳の40.69!中国は平均で見るべきではないとは言いますが、それにしても住宅価格が年収の40倍とは。上海が32ですね。上海の平均賃金は7000元くらいなので、夫婦共働きだと月間14000元、年間だと約17万元、これを32倍すると544万元(約9000万円)!街の不動産屋の広告を見る限り、もっと安いのもあるけれどもわからん数字でもない。10年くらい前でもこれから家を買うことは無理なんて言う人がいましたが、今はもっと無理になってしまってますな。

2016年年間平均給与発表、どんどん伸びてます

 国家統計局が発表したデータによりますと、2016年全国都市非私営業単位就業者の年間平均給与が67,569元で、前年比プラス8.9%、全国都市私営単位修行人員の年間平均給与が42,833元で、前年比8.2%となっています。

 

 急よ

 

 都市非私営単位とは、国有または集大成性質を持つ単位のことを言い、具体的には国有単位、都市集体単位、聯営経済(所有制性質が異なる企業間、または企業と事業単位が共同で投資して新たに組成する一種の経済タイプ)、股份制経済、外商投資経済、香港・マカオ・台湾投資経済等の単位を含みます。都市私営単位とはこれと逆と考えればいいでしょう。外資系であれば都市非私営単位のデータのほうが参考にしたほうがいいですね。

 

 全国水準と比べて、北京、天津、上海、浙江、広東、江蘇等の6つの場所では、非私営単位就業者の2016年の年間平均給与は全国平均水準水平(上海は2015年の平均給与78,045元とみなしています)を超えています。そのうち、北京が119,928元でトップで、唯一10万元を突破しています。単純な月換算で約1万元ですよ。北京で求人する企業は大変ですねえ。これとは逆に、河南省非私営単位就業者の2016年の年間平均給与は29省市の中で最低で、49,506元にとどまっています。

 

 エリア別に見ますと、2016年都市非私営単位就業者の年間平均給与の前年比伸び率は東部9.1%、西部9.0%、中部8.8%、東北地区7.5%となっています。以前は中西部が遅れているというイメージがありましたが、成都、重慶、武漢あたりはかなり発展してきており、ここ最近は東北のほうが経済的にはしんどそうです。そういえば、経済成長率をごまかしていたらしいがあったという報道を見たことがあるのですが、確か東北のどこかの省だったと思います。

 

 伸び率で見ますと、浙江、広東、湖南等の8つの場所の都市非私営単位就業者年間平均給与の伸び率が全国平均の8.9%を上回っています。最も伸び率が高いのが湖南で11.2%、このほかに10%を超えているのが貴州11.0%、江西10.2%、浙江10.0%です。

 

 しかし、全国都市非私営業単位就業者で年間平均給与が67,569元、月給換算で5,630元。これ上海の平均値でなくて全国の平均値ですよ。上海の数値はこれから発表されると思うのですが、2015年で78,045元だったので2016年は確実に8万元を超えてますね。となると、月給換算すると7,000元弱か。そして、これはあくまで2016年の数値なので、ことし2017年はもっと上がってそう。ということは2017年の上海の非私営業単位就業者だと月給換算8,000元弱くらいになっているのでしょうか。ついこないだまで四五千元とおもっていたのがあれよあれよというまにこんなに増えてきています。そりゃあ消費力もついてきてますわな。

取引所取引が禁止された中国でビットコイン盗難事件!!!

 9月末を以って中国でビットコインなど仮想通貨の国内取引所での取引が禁止されました。一時はビットコインの取引量の9割が中国人といわれてましたが、今は日本が日によっては半分を超えるときもあるようです。

 

WeChat 圖片_20171003090339

 

 さて、基本的にビットコインの取引が禁止されてしまった中国で、なんと禁止間際にビットコインが盗まれてしまうという事件が起きました。やられた取引所はOKExとOKCoin(この二つの取引所は関連があります)、金額にして約2000万元です。これに対して取引所側の回答は、「これはハッカーがやったことで、ビットコインが盗まれたことはプラットフォームとは関係ない、被害者は自分で警察に届けてください」って。冷たい!あまりにも冷たい対応!ハッキングされるような脆弱なプラットフォームを提供していたことに対する責任をかけらも感じさせないコメント!ここまで開き直れるのがすごいわ。以前にもビットコインが盗まれた事件はあったようですが、特段の保護措置が取られることなく今までずるずる来ていたようです。

 

 さて、これを実際に警察に届けた場合どうなるか。警察の中にはこれをねずみ講扱いして被害を受け付けないという考え方もあるよです。これまた冷たい!

 

 事件が発生したのは9月28日、取引所取引最終日の2日前です。何が真実かわかりませんが、取引所の従業員がハッカーに情報を提供したのではないかという見方もあるようです。ビットコインはよろしくないという風潮の中、この事件に対して中国当局は真剣に解明するのでしょうか。

中国誘拐事情

 昨年9月に多くの日本人が集まる上海古北にある6歳の日本人の女の子が誘拐されかけたという事件があったことを覚えていますでしょうか。その時女の子は腕をつかまれて連れていかれそうになったのを振りほどいて家族の元に戻ったのですが、誘拐目的だった可能性があります。こんな町のど真ん中で恐ろしい話です。上海は治安がいいといわれますが、油断なりませんね。

 

 さて、そもそも中国って誘拐が多いのか?決して少なくはなく、2016年6月から2017年6月までの間で結審した誘拐事件の裁判が100件ほどありました。100件は多いと思うでしょう。私もそう思うのですが、ほんとのホントに治安の悪い国だとこんなもんじゃないようです。ちなみに世界誘拐マップをご覧ください。色の濃い地域ほど危険であることを示しています。

 

無題

 

 中国の中では地域的には広東と広西で3割近く、この二つを含む東南沿海部(浙江、福建、広東、広西、海南)で約4割発生しています。

無題

 

 誘拐対象は9割が大人、1割が子供です。大人の人で狙われた主な対象は、一人で車を運転していた女性、タクシードライバー、風俗店勤務女性、賭博関係者、ねずみ講関係者だそうです。対象者の属性を見ると日本人はほとんど関係なさそうで、せいぜい一人で車を運転している女性がいるかもしれないくらいでしょうか。

 

 誘拐目的としては1割が報復、ストーカーの延長、精神疾患者によるもので、9割がお金目的です。身代金要求額は途方もない金額というのは多くありません。

 

無題

 

 身代金目的の誘拐93件の中で、100マ万元以上要求しているのが15件、2割もないんですよね。そして身代金で一番多いのが1-10万元、なかには1万元以下というのが6件もあります。所得水準の低い知己のものかと思うのですが、それにしてもたかだか1万元という金額で誘拐をするとは。

 

 駐在で来られている方はある程度守られた環境の中で生活しているでしょうが、地方に行くとそこまで守られた環境でないところもあろうかと思います。用心するに越したことはありませんね。

中国における離婚件数推移

 まずは下のグラフをご覧ください。中国の離婚に関する統計です。離婚件数と離婚率の推移を表示しています。離婚件数、離婚率とも2002年をボトムに上昇しています。

 

 無題

 

 2002年といえば私が上海に駐在した時期です。中国へ新規進出する企業が増え始めた時期であり、要するに中国経済が活発になった時期でもあります。この前年い中国はWTOに加盟しているので、まさにこれから上っていこうとする時期だったといえます。2002年から2016年までの推移を見ますとあれよあれとと増加し、件数、離婚率とも約3倍にまで増加しています。

 

 離婚しても中には復縁する人たちもいます。そんな統計があるんですよねえ。こちらです。

 

 無題

 

 2014年くらいから急に増えているように見えます。これには原因があり、2013年に俗に国五条と呼ばれる住宅購入制限令が発表されており、一世帯につき購入していい住宅は一戸まで、あるいは地方によっては二戸までという制限が出たのです。住宅を購入したい人たちが考えたのが、一世帯を離婚することによって二世帯にして、住宅を購入することだったのであります。なんでも、上海市の徐匯区や浦東新区では離婚手続きが急激に増加したため離婚制限政策をとったとのこと。そういう理由で離婚しているので、住宅さえ買ってしまえば同じ人と再婚する、だから復婚(同じ人と再婚)する人がこの時期に増えたのであります。

 

 しかし、復婚でもトラブルがあったようで、例えば厦門の劉夫妻、住宅購入するために離婚し、住宅を購入し、そして再婚しようとしたところ、妻のほうが再婚を拒否し、裁判沙汰になったとのこと。離婚協議自体は成立しているので、これを取り消すことは今更できず、劉さんは結局妻と購入した住宅の両方を失ったあげく、理由はよくわかりませんが、50万元の賠償金まで支払わされたとのこと。笑い話でこんなことあるのかなあと思っていたのですが、このような事例は結構あったようです。なんとも世知辛い世の中ですなあ。