呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国を中心としたビジネスの最新情報を上海・東京・神戸を拠点に活動する株式会社 TNCリサーチ&コンサルティングの呉明憲が紹介します。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました

ちょっとお休みしておりましたが、商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました、をスタートさせます!

 

 一昨日の夜は9時30分頃に終わった。本町の居酒屋はその頃は我々以外に客は無く、遅くなって何かせかされる様に出て来た感じであった。Mさんも私と3時間以上話をしてお疲れの様子であり、私は自分のわがままをMさんに聞いて貰って何か申し訳無い気持ちがした。今日は金曜日、私は天六のマンションに住んでおり、今日は場所を変えて私の住むマンションの近くの、天六商店街の飲み屋でお話を聞くことにした。なお退社する前に一言相談役にも連絡しておいた。「分かった。MさんからT君の方へ昨日連絡があってそのT君から私に今日連絡が来た。“本町の居酒屋で一杯やりながら中国談義をした”とね。君は熱心に聞いていたそうだ。Mさんの話を聞き終わったら、要点でもいいから、私とか幹部に講釈してくれよ。」と言われ、相談役はじめ皆が私の事に気に懸けてくれている、有難い事であるが、少々窮屈な感じもした。あまり、Mさんにご迷惑を与えたくないので、今回と次回、合計3回でこの聞く会を終わりにしたいと、思っている。第一回の話は内容があちこちに飛び焦点が定まらぬようであった。しかし、戦争直後のどさくさ、辛い歴史は学校では習わなかったので色々勉強になった。大陸で頑張ろうとした多くの日本人は夢破れて散々な目に遭って命からがらで帰国したわけである。そう言えば私の祖父は中国東北地方に兵役で駐屯、終戦の時、ソ連に連れて行かれたそうだ。祖父は抑留の模様を話さないまま、あの世に旅立ってしまった。その辺りの情況もMさんに聞いておくべきであった。戦前多くの日本人が中国に渡ったが、結局夢破れて傷心の帰国をしたのである。彼らは国策の犠牲になったのであろう。この戦前の日本の行いが今でも、中国、韓国で歴史認識の相違で度々問題になっている。戦前の歴史に就いて日本の中学、高校では殆ど教えない。私も詳細は知らない。しかし、中国、韓国の若者はよく知っているそうだ。彼らと近代史を話しても日本の中高生は近代史を学んでいないのでついていけないそうである。この辺りの問題は後日お話をお聞きする事にして今回はMさんの中国でのビジネスの事を語って頂こうと思って、例によって一杯やりながらお聴きする事にした。

 

 私「先日は夜遅くまで、お付き合い頂きまして有難うございました。お蔭様で戦後引き揚げ時の日本人の苦難とか中国人の習性などを知る事が出来ました。前回言い忘れしましたが、私の祖父も兵役で中国東北地方に派遣されそのまま終戦を迎え、進駐して来たソ連兵が拘束、シベリアに連行されました。私は祖父からこのシベリアに連行された事、その生活は一切聞かされていませんでした。この事にも大いに興味が有りますが、これは後ほどお聞きする事にして、今回はMさんの中国でのビジネス経験などをお話頂ければと思います。宜しくお願い致します。尚、Mさんのお話は広く、深そうなので、勝手申しますが今回と後一回ご無理をお願いしようと思います。今回は中国とのビジネス、次回は中国の風俗習慣、文化歴史、人々の生活風景などに就いてお聴きしたいと思います。宜しくお願い致します。

 M「分かりました。何でも遠慮無しに聞いてください。」

 

 私「今回はMさんの中国ビジネス経験の件でお聴きしたいと思います。ずばりお尋ねしますが、Mさんの初訪中はいつ頃でした?どの様なきっかけでした?」

 M「確か1979年夏に大連で化学品の交易会があるのでこれに参加する様にと、上司と、言っても、アナタの会社の相談役の昔からの友人たるTさんから言われ、北京経由で大連に行ったのです。これには東京より後輩が一人、中国室から一人参加、わが社は計3名参加しました。当時は大部分の日本人がそうである様に、私は欧米に憧れていました。で、中国出張を上司から言われた時、正直言ってショックを感じました。後日、上司たるTさんからお聞きした処によると、英国の有力化学会社への訪問の話もあった様で、しかしこの会社とは原料の輸入をするビジネスを考えていましたが、具体的に進んでいないため、英国の会社へのインパクトが小さい、と言う事で同時に来ていた大連交易会への誘いが極めて具体的であるので、これに乗ったということです。」

 

 私「仮に、その時英国に行っておられたなら、今のMさんは欧米通になっておられたかも知れませんが、現在の中国の発展振り、欧米の衰退を見ると、Mさんに大連行きを勧められた上司たるTさんの炯眼たるや、凄いものですね。Tさんの読みはずばり当たりましたよ。また、MさんもTさんの勧めに素直に従い訪中されて、それがその後の仕事人生を味のある、密度の高いものにされたと思います。」

 M「そうですね。これも一つの運命ですね。当時私は34歳かな?論語に言う“三十にして立つ”で自分の進路を見つけたと言う事ですが、これは後になって言えるもので、当時は未知の国に行くという不安の方が大きかったですね。Tさんは私の仕事の履歴を良く見ておられ、或る時、部長、Tさん、私と共に、仕入れ先たる化学メーカー訪問した時、そのメーカーのエレベーターの中でTさんが部長に“M君は国内商売しか知らないので海外にもやらせて勉強させようと思っています”と私の前で言って、部長が”それはいい事だ。進めたら良い“と言ったのを覚えていますよ。」

 

続く

復活した順風車サービスを利用しました

運転手が乗客を殺害した事件が発生したことがきっかけで配車サービスプラットフォームのdidiでサービスが取りやめとなった順風車、アリババ系列の哈囉出行で復活してます。順風車とは、相乗り主体のサービスで、通常のライドシェアとは異なります。とはいうものの、相乗りは嫌だと最初の段階でリクエストすることもできるので、ライドシェアとの区別がわかりにくくなりますが、ライドシェアだと発票を発行してもらえますが、順風車だと発行してもらえないという違いがあります。もう一つの違いは値段が大きく違います。

 

 久々に復活したこのサービス、久々に利用しました。区間は自宅から浦東空港。普通のタクシーやライドシェアで行くと日中だと200元くらいの場所ですが、これが約80元で乗れました。安いでしょ!

 

 久々に乗った順風車ですが、たまたまやってきた車がツードアタイプだったので、珍しく助手席に乗りました。しばらく無言で進んでいったのですが、高速道路を走っているときにどうにも気になったのが運転手のいびきっぽい息使い。振り向くと目は開いているので大丈夫なのかと思いつつ、なんかふらふら運転が続くので、これはいびきっぽい息使いではなくやはりいびきなんだと判断して運転手と会話することにしました。そんな運転状況だったので、助手席では久々に緊張してしまいました。そんな中で、運転手に目を覚まさせる目的でした会話の中で聞いた話です。

 

運転手という仕事

・この運転手はDidiのような配車プラットフォームに登録していないいわゆる白タク。

・普通に走っていても空港までのロングの客をゲットするのは難しいので、順風車で空港までの客(私)をゲットした。空港から戻る客をゲットするのが目的。

・空港に着いたら休憩を取らずに客をゲットする。価格帯はいまどきアプリで参考価格が表示されるので、それにのっとった価格提示をしている。相乗りさせれば結構な稼ぎになる。

・これが終わればKTVに行く。KTV帰りの客またはホステスを乗せるとのこと。

・昼間は儲からないので、もっぱら夜に客引きをしている。

 生活リズムができているはずなので、なんであんなに眠そうだったのだろうか。

 

運転手になるまでの人生

・上海に来たのは1994年。ペンキ塗装工としてやってきた。

・その後内装会社を立ち上げそこそこ儲かった。家も買った。

・ところがそのころ博打にのめり込み借金を作ってしまった。この返済のために家を売り払うことになった。

・今ではしがない白タク運転手。

・博打にのめり込んでなかったら全く違う人生を歩んでいただろうなあ。

 

アジア諸国に対する見方

・どこの人と聞かれ、日本と答えると南京大虐殺の話を振ってきた。こういう話は面倒。台湾と答えてもまた違う面倒さがあるので、こういうのは勘弁願いたい。

・こちらから話題を北朝鮮に切り替え。北朝鮮に対する見方は好意的。金正恩はよくやっているという印象。

・韓国はダメ。THAAD配備したときに中国は制裁した。それにしても歴代大統領はみんなやめてからおかしなことになる。前大統領の朴さんもちゃんとやっていたと思うのだが、今ではひどい扱い。よくわからん国だ。

・日本はアメリカの言うことを聞きすぎているように思うが、それは仕方のない話。自衛隊という組織はあるものの、普通の国でいうところの軍隊を持っておらず、その部分をアメリカに頼らざるを得ない。そこは習近平も分かっているはず。

 

以上が、ふらふら運転する運転手から自らの命を守るためにやみくもに会話した内容でした。

どこにでもいますな!そっくりさん!

 今日は超リラックスムードでビジネスとはなんも関係ない話題。

 日本には物まねタレントもいればそっくりさんタレントもいますが、物まねタレントのほうが人気でしょうか。というか、ごっちゃになっているように思いますね。

 

さて、中国、香港、マカオ、台湾、シンガポールといった中華圏を合わせると約14億人いますが、当然同姓同名もたくさんいるでしょうし、自分と同じ顔をした人が世界に3人いるなんて言うのも聞いたことがありますが、中国にもやはりタレントのそっくりさんがいます。ちょっくら見てみましょう!

 

1.林俊杰

 声も見た目も本人そっくりなそっくりさん、地方で結構イベントをやっていたそうで、なんと年間で700万台湾ドルを稼ぎ出したそうな。

1

 

2.劉德華 張學友 黎明 郭富城

 大御所4人組、ちょっと写真がぼやけてますが、なかなかそっくりではないですか。

2

 

3.古天樂

 この人も有名。そっくりさんは最初深圳のモーターショーに出現したそうです。どっちが本物がかわからん。

3

 

4.劉德華

 劉德華のそっくりさんと言えばそうなのでしょうが、劉德華と張學友を足して2で割るとこんな感じになるのではないでしょうか。

 そっくりさんですが、歌手をやっているそうで、そっくりさんであることを生かしてコンサートのゲストにも読んでもらえたりして年間100万元近く稼いでいるそうです。そっくりであるのも才能の一つ!

4

 

5.謝霆鋒

 これもどっちが本物かわからん。そっくりさんは自分がそっくりさんであることを言わず、自分が謝霆鋒だと言い続けるそうな。徹底してます。

5

 

6.周杰倫

 アジアのスーパースター周杰倫!写真を見る限りそっくりであることは間違いないのだが、やはりこれはオーラが違うな。本物もそっくりさんの存在は認めていて、そのおかげもあってそっくりさんは結構稼げているそうです。

6

 

 芸は身を助けるではなく、身は芸を助けるという生き方をしているそっくりさん、いつか近くで見てみたいものです。

AIの指示で手術する時代の前触れか?中国で初のAI+5Gの手術が成功

 すごい時代が来たものです。なんとつい先日中国で初のAI+5Gの心臓手術が行われたそうな。このAI+5Gの心臓手術、どういう手術かというと高州市人民医院の手術室で手術するのですが、400キロ離れた場所にある広東省人民医院において5Gを通して送られてきた画面を見た医師が、高州市人民医院の手術室にいる手術医に対して遠隔で指示しながら手術を行うというものです。通信のタイムラグは30マイクロ秒以下、1マイクロ秒は100万分の1秒のことですが、要するにタイムラグがほぼないということです。ここまでは5Gの話。ではAIは?AIの出番もちゃんとあります。

 

 この手術において、病院は自主開発したAIを活用した全自動のノイズ除去・モデリングソフトで、従来であればできあがるまで2-6時間必要だった心臓模型をわずか2分以内で、しかも実物大のものを作り出したのです。この模型の効用としては、まず手術の事前準備にあたり参考にすることができるということ、もうひとつは、実際の手術に際して遠隔指示を出している医師がVRやMRの技術を通じて、送られてきたリアルタイムの映像と心臓模型を照らし合わせて、より具体的且つ正確な指示を出すことができるという点です。

 

1

2

 

 最初にこの記事を見たときに、純粋にAIの指示に基づいて手術医が手術を進めていくのかと思ったので、すごい時代が来たなあと思ったのですが、さすがにそこまでのものではありませんでした。しかし、ドクターXや医龍といったドクタードラマの中で見かけた心臓模型を、相当正確なものをわずか2分で作れるというのは、救急患者向けに手術しないといけないような場合には非常に有効な技術といえるでしょう。

 

 この分野の技術進化のスピードは私の想像を超える水準にあるでしょうし、最初にイメージしたAIの指示のもとで手術そのものまで行ってしまうような時代がそのうち来てしまうかもしれないですね。そうなると手術医は知識はもちろん大事なのですが、AIの指示に基づいて動かせる器用な手先を持つ方がより重要になってきそうに思えます。ドクタードラマの手術シーンを見ていると自分でも手術できるんじゃないかなんて思ったりしてしまいますが、AIの指示をちゃんと理解できて、手先が器用であれば本当にできてしまうかもしれませ。。とはいうものの、さすがに手先が器用なだけで知識面で欠落している医師というわけにはいかないか。でも、AIが手術医を動かす、そんな時代もそのうちやってきそうですね。