呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国を中心としたビジネスの最新情報を上海・東京・神戸を拠点に活動する株式会社 TNCリサーチ&コンサルティングの呉明憲が紹介します。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その4

前回のはこちら。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その3

私「その自衛隊基地襲撃、って私が生まれた時かな。初耳ですね。割腹ななんて、要は切腹ですよね?凄い事件でしたね。で、その後輩はその後どうしました?」

M「彼が入社した時かな、大陸の中国と日本は国交を樹立して、彼は大好きな台湾には行けず、大嫌いな大陸に行かされる事になったのですね。上海、大連に駐在しましたよ。大連で彼は当時の市長“薄熙来”の知遇を得て大連のビジネスでは大いに名を挙げたのです。この“薄熙来”氏はその後遼寧省書記、重慶市書記を歴任しまして、当時は将来国家主席になると言う見方さえあり、正に飛ぶ鳥の勢いが有りましたが、今の習近平主席との政争に負け、結局逮捕されて、政治生命を終えていますね。その薄熙来氏にI商事は大変お世話になり、その中の一つがI商事主催の大連ファッションショーで、これは中国東北地方の一大イベントになり、I商事の繊維部門はこのイベントのお蔭で大いに販路を拡大しましたよ。この薄市長にはこの後輩は仕事以外プライベートでも“大変”お世話になりましてね。」

 

私「何ですか?その、“大変”と強調されたのは。何か佳い事をして表彰されたのですか?家族ぐるみのお付き合いで、共産党幹部が利用する高級施設を無料で利用出来たとかーー。何でしょうか?」 (さらに…)