呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国を中心としたビジネスの最新情報を上海・東京・神戸を拠点に活動する株式会社 TNCリサーチ&コンサルティングの呉明憲が紹介します。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その5

前回のはこちら。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その4

 

私「へー!そんな事があったのですか。中国ではいろんな誘惑があるとは聞いていましたが、油断大敵、気を締める事ですね。私も注意します。特に赴任地の広東は地元の書記自身が嘆いていますよね。“広東は汚染されている”、って。」

M「この様な話は往々聞いたね。某製鉄会社の現地幹部も同様の女性問題を起こして留置場に入った。簡単に出してくれない。マスコミが気になる。中国の公安当局は社長の一筆が欲しいと言うので、本社では社長を拝み倒して何とか一筆を貰ったという話も聞いたね。中国側は中国人を侮辱したと映るので、いくら抗弁しても女性の言い分を認めるさ。男性の方は中国語もママならず、不利となるのは当然でしょーー。と、言う事で話は戻りますが、I商事は中国関係の人材は豊富で、多士済々の情況ですね。小生の先輩、後輩は中国好きな人が多いのです。この状況が中国ビジネスでは他社を大きく引き離している理由でしょうね。ごめん、話が大幅に横道に逸れたね」

 

私「いや、中々興味深いお話で思わず聞き入ってしまいました。で、色々準備されて大連に1979年夏に行かれた。今から38年前の事ですね。私が幼稚園に行っている時でしょうね。当時の中国、大連はどの様な雰囲気でした?」 (さらに…)