呉明憲コンサルタントの中国ビジネス日記

中国を中心としたビジネスの最新情報を上海・東京・神戸を拠点に活動する株式会社 TNCリサーチ&コンサルティングの呉明憲が紹介します。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その6

前回のはこちら。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その5

 

私「何故ですか?日中の貿易は今や日米貿易を抜いてトップになっており、考えられません。」

M「今から約40年前の中国はようやく国が開けてきた段階。“井の中の蛙”と言う感じ。特に日本とのビジネスとなると、日本は品質がメタメタ厳しい。しかし中国は品質の不安定さ以外に納期、包装などでも大いに問題有りで、日本のユーザーも価格が幾ら安くても二の足を踏むでしょう。安い買い物でも結局は高く付くのです。今とは隔世の感が有りますね。ついでに言うと中国の輸出が猛烈な勢いで伸びて来ましたが、これはね、外資系企業が中国で製造を始めて、その技術、品質管理、経営面などで中国企業を指導し、中国人社員を教育した事などが大きく作用しているね。で、中々商売が決まらない、2週間滞在しても成果ゼロとはーー、と落ち込んでいた処、A商事の100%別会社より2,4DNCBという商品240トンと言う大量引き合い有り、これ土壇場でまとめた。ほっとしたのを覚えている。この後北京に行き、中国化学工業部とA商事との合作案件の商談にオブザーバーで参加して帰国しました。この成約した商品2,4DNCBはその後日本側よりキャンセルの話が出て、此れの処理でその後も大変であったけどね。」 (さらに…)