お知らせ

TNCリサーチ&コンサルティングのニュースをお届けします。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その7

前回のはこちら。

商社マンOBが中国をふり返る ~本音の中国を語ろう(その二)~漸く、商売が出来ました その6

 

M「先ほど言いましたが、中国とのビジネスの特徴は後でお話します。中国の大陸風土、歴史などの要素が影響している様ですね。大連では仕事が終わると中国室の先輩と共に部屋で一杯やって中国に就いて色々教わったね。その人は小生より7歳上の人、確か中国の吉林省通化の生まれで、その後青島で育った。故に中国の事は良く知っていたね。面談出来るか否かは中国側担当者の都合で決まるので、時間が空くと海岸へ行ってビールを飲んだりしたね。そうだ!土日を利用して自分の生まれ故郷の瀋陽を訪問したなあーー。親が地図を書いてくれたので、今なら高速道路で3時間で行ける処を、一人で列車に揺られ、片道6時間かけて瀋陽に行ったね。勿論中国の列車を乗るのは初めて。当時の中国は電気機関車とかディーゼル車は無く全てSLで、因みにこのSLを中国語では“火車”と言うんだ。じゃ、日本で言う汽車は何か?此れは自動車を表す。“汽車”の“汽”は蒸気を表す。サイダーの様な炭酸水は汽水と言うね。ごめん、話が横道にずれた。瀋陽の話だね、瀋陽の駅に到着、この駅は東京駅にそっくりで、後で聞くに満鉄の総裁に東京市長を務めた後藤新平がなった時期あり、彼がそのそっくりを作ったと言われている。また大連駅は上野にそっくりで、今でもそのまま残っている。昔は特急アジア号と言う日本製SLが時速100KMでこの満鉄を走ったんだね。前回お話したが、会社の同期と以前中国東北地方を旅した時、大連でこのSL“特急アジア号”の現物を特別見せて貰った。大きな鉄の塊で迫力を感じる。今から70年以上前にこの大きな塊が満州の平原を走っていた、何となくロマンを感ずるね。また話が横にそれた、ごめん、それで、瀋陽の駅到着したら、現地ガイドが列車が着いたその降り口まで来て迎えに来ていた。現地で案内人に親が住んでいた場所、即ち私が生まれた場所に案内して貰って行ったが何も残っていなかった。戦後の国共内戦で市内は徹底的に破壊された様でね。残念でした。ただ、祖父が社長していた会社が残っていたので、外から写真を撮って帰国後祖父に見せた。大いに喜んでいたね。この会社が前回話した黎明なる会社で小生が数年前訪問して同じく写真撮影したら、物凄い剣幕で怒られた事は話したよね。」 (さらに…)