2008-05-24

なりふりかまわない不動産開発業者

  一部の不動産開発業者の状況がかなり苦しくなってきているようである。寧波大紅鷹実業投資股份有限公司という会社が上海浦東発展銀行を間に介して嘉興市広源房地理産開発有限公司に1億人民元の委託貸付を行うという公告を行ったのだが、その条件が期間一年、そして利率がなんと年利率18%というものである。しかも、借り手は土地使用権を担保として提供し、個人の連帯保証まで提供するという。現在の人民元貸出基準金利が7.47%なので、約2.4倍になる。年利18%ですよ!ヤミ金やマチ金レベルとまではいわないもののかなりの水準である。しかしながら、この18%という利率も決して高いとはいえないようで、20%を超えているものも少なくなく、さらには30%以上のものも見られるとのこと。不動産開発業者がここまでして資金調達をしないといけないということは、現在仕込んでいる物件を至急現金化するためにタタキ売りすることも十分に考えられるだろう。

  前から思っていたのだが、不動産バブルの動きはそう遠くないどこかで大きな曲がり角を迎えるような気がする。住宅ローンにしても景気のいいうちはいいが、ちょっと景気が停滞するととたんに住宅ローンの延滞が増えてアメリカのサブプライム問題みたくなりやしないだろうか。単なる考えすぎであればよいのだが。

関連記事