2008-11-30

中国の預金保険制度が来年に整備される見込み

  中国には金融機関に預けている預金を保護する制度が今のところない。要するに銀行が倒産した場合にその預金が返ってこないというリスクがある。しかしながら、これもどうやら来年には解決しそうだ。預金保険制度方案について基本的な考え方が定まり国務院にあげられたのだ。預金保険制度についてはここに年連続して立法計画に組み入れられていたのだが、ようやくまとまったということだ。

  現在のところ市場において預金保険制度に対して二つの見方がある。

(1)反対派
  大型国有銀行からすると、預金保険制度があろうがなかろうが同じことだ。大銀行は国が管理しなければならないし、管理しなければ大きな社会問題を引き起こすことになるので、預金保険制度は必ずしもリスクを転嫁することはできない。

(2)賛成派
  金融危機のときに預金保険制度を確立することは、金融システムの信用の向上につながる。そのほか、預金保険制度が長期的に欠如することは銀行間、特に中資銀行と外資銀行との間、大銀行と中小銀行との間に不平等が形成される。

  以上の二つの意見をご覧になってみてどうだろうか。預ける側としては預金保険制度はないよりあったほうがいいに決まっているだろう。確かに国有銀行は国が管理しているのだろうが、現実的には資本主義的要素がかなり入ってきており、大銀行といえども将来において完全に保護されるかどうかは断言できないだろう。まして中国は「えっ?そんなことまでするの?」というような思い切った方法をとることがある。その際に預金保険制度があるとないとでは大違いだろう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です