2009-02-21

(2月20日)蘇州セミナー模様

  2月20日に二つのセミナーが行われれたのでその模様を紹介したいと思う。まず一つ目はJETRO主催の外貨管理セミナーで、12月に上海で行われたのと同じく私が講師を勤めさせていただいた。会場について驚いた。今までセミナーを行ってきた会場とかなり雰囲気が違うのだ。

     
  この会場の横には蘇州の人民大会堂があったりしてなんとも重たい雰囲気を感じた。 内容自体は昨年来話題になっている外貨延払い等に関するもので、ある程度時間もたっているテーマなのでそれほど人は集まらないかと思っていたのだが、私の予想以上に多くの方にお集まりいただいた。90日を超過する延払いが輸入実績に基づいた限度額が設けられることにより、普通は企業の資金繰りに影響するのだが、どうも昨年来の景気低迷により仕入が減少し、一方で輸入実績は仕入が多かった時期をベースにしていることから、現在の仕入れ対比限度額は間に合っている企業が多いようだ。

このセミナーを終えて二つ目のセミナー会場である蘇州シャングリラホテルへ向かった。ここで行われたのは日本総研主催の水処理に関する環境セミナーだ。ちょうど休憩時間中に到着したのだが、こちらは人、人、人でいっぱいでとにかく大盛況だった。

  
                   記念写真

あまりに盛況だったため当日イスを追加したり、資料の追加印刷を行うというばたばただったそうだが、これはうれしい悲鳴というべきだろう。今後この方面のコンサルティングも増えてくるかと思うが、私も中国に駐在している一員としてできる限りのサポートをしていきたいと思ったのであった。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です