2009-02-24

深加工結転に際しての国内環節増値税の取り扱い

  深加工結転に際しての国内環節増値税の取り扱いは全国的に一致した取り扱いが行われておらず、各地によってまちまちである。これについて江蘇省国家税務局の方が書いた文章を読む機会があったので、簡単に取りまとめてみた。

1.取り扱い方式
 取り扱い方式としては次の二種類ある。

(1)一般貿易方式としての取り扱い
  結転の都度増値税を徴収。

(2)加工貿易方式としての取り扱い
  結転に際しては免税。

2.江蘇省での取り扱い
  ここで江蘇省の例を取り上げるが、江蘇省では次の二種類の取り扱いが行われている。

(1)結転時に輸出発票を発行
 ・ 結転渡企業が加工後に結転受企業に結転して引き続き加工する場合、結転渡企業は免税
 ・ 結転渡企業が加工後に結転受企業に結転して直接輸出する場合
   結転受企業:①来料加工再輸出:免税
            ②進料加工再輸出:免除・控除・還付
    
(2)結転時に増値税発票を発行
 ・ 結転渡企業が加工後に結転受企業に結転して引き続き加工する場合:結転渡企業は徴税
 ・ 結転渡企業が加工後に結転受企業に結転し直接輸出する場合
   結転受企業:①加工貿易来料加工再輸出に従って免税
           ②加工貿易進料加工再輸出に従って免除・控除・還付

  なお、江蘇省では深加工結転の95%で免税方式が採用されているとのことだ。
  皆さんの対象地域ではどうですか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です