2009-06-17

セシールが中国向けネット販売を本格展開へ

 最近ユニクロが淘宝を通じてネット販売を始めたことについて紹介した(ここ⇒中国のネット販売に注目!)が、今度はセシールもアリババと提携することが発表された。6月11日からスタートしているものの、該当するウェブページを確認してからの記事にしたかったので少し遅くなってしまったが本日紹介することにしたい。

アリババサイトを通じ、セシール商品を、中国全土に展開
~高品質、高付加価値の商品を中国市場へ~

セシールは、これまでも「アリババ中国向け輸出支援サービス」を通じて、中国向けに商品を販売したが、このたび、中国におけるビジネスの本格展開を目指し、中国国内の法人・個人事業主の顧客を対象に、アパレル・インナー商品1,866アイテムをアリババのサイト上で販売することになったのだ。ということでアリババのウェブサイト内のセシールのページを見てみた。

プレスリリースで「中国国内の法人・個人事業主の顧客を対象に~」とあるように、セシールのイメージとは違ってBtoBでのビジネススキームとなっている。ユニクロは淘宝網を利用してのBtoB、セシールは阿里巴巴(アリババ)を利用してのBtoBとスキームこそ異なるが、ネット販売であることには違いない。

私も仕事の中でここ最近ネット販売に関するご相談を受ける機会が以前よりも増えてきているが、関心を持っている企業も多く、このトレンドはこれからも続いていきそうだ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です