2009-07-01

重慶のホテルのプールの話

  今日も重慶の紹介をしよう。この間重慶に出張してきたばかりとあって、「重慶」という単語に敏感になっているようだ。新聞を見ているとまたまた「重慶」という単語が目に付いた。その記事によると、一部のホテルやクラブハウスのプールで美女を雇い入れ泳がせているそうだ。単に泳ぐだけではなくて宿泊客と一緒に泳いだりもするという。


(関連記事から引っ張ってきたイメージ写真)

  とある5つ星ホテルの従業員によると、男性客の客寄せが目的とのことだ。それ以外に理由はないだろう。そしてその待遇だが、毎日午後8時前後から約2-3時間プールで泳いでさえいればよく、フリードリンクで、手当も出る。ホテルにより手当て水準が違うが、これで60-100元ぐらいの手当てが出るようだ。また、これもとある5つ星ホテルだが、採用条件としては身長168センチ以上、見た目の感じがよく、金・土・日曜日のそれぞれ2時間泳げばよく、毎日の給料が60元というのもあるとのことだ。2時間泳げばいいと言うことだが、実際のところ2時間も泳ぎっぱなしだと体力が持たず、当然プールサイドで休憩したりすることになる。このような美女をプールではべらすというお色気作戦で男性客を呼び寄せるという考え方は非常にわかりやすいのだが、あまりにもわかりやすすぎていかがなものかと思ったりする。これが別の国であれば、要するにフェミニズムの考え方が浸透している国であったりすれば結構の問題になるに違いないだろう。自分でいかがなものかといいつつ、実は次回重慶出張するようなことがある場合は多分プールを見に行くだろう。検証をかねつつ見聞を広げるためにですよ!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です