2009-07-16

今度は自動車の「以旧換新」政策、最高で6000元の補助

  自動車の買い替えを促進するための《自動車以旧換新実施弁法》が発表された。この中で、対象となる範囲、基準、申請フロー、補助金審査、監督管理について規定されている。

  対象期間は2009年6月1日から2010年5月31日の間に、使用8年未満の中古小型トラック・中古中型バス、使用12年未満の中古中・軽トラック、タクシー以外の中古中型バス及び事前に廃棄する「黄标車」(汚染物の排出が国Ⅰ標準に満たないガソリン車及び国Ⅲ標準に満たないディーゼル車)うぃ廃車とし、且つ新車を購入する場合、廃車とする車に応じて3000-6000元の補助を受けることができる。

  今回の《自動車以旧換新実施弁法》は、以前に発表された《自動車以旧換新実施弁法(意見募集稿)》と補助基準が基本的に同じであるが、補助範囲及び標準が更に細かく明確なものとなっている。

  補助標準は次の通りだ。

中古自動車廃車に伴う補助標準
“黄标車”の廃車に伴う補助標準
① 中型トラックの廃車:6000元/台
② 軽トラックの廃車:5000元/台
③ 小型トラックの廃車:4000元/台
④ 中型バスの廃車:5000元/台
① 中型トラックの廃車:6000元/台
② 軽トラックの廃車:5000元/台
③ 小型トラックの廃車:4000元/台
④ 中型バスの廃車:5000元/台
⑤ 小型バス(乗用車を含まず)の廃車:4000元/台
⑥ マイクロバス(乗用車を含まず)の廃車:3000元/台
⑦ 乗用車、大型トラック、大型バス、専用作業車の
     廃車:6000元/台

 

  車なんて買うつもりないので個人的には何の恩恵も受けないのだが、これによって経済が活性化すれば間接的に自分にも何らかの形で跳ね返ってくるだろうし、そう願いたいものだ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です