2009-09-30

旅行シーズンの値上げ

  8月27日に国慶節前に集中的に観光地の入場料を値上げしてはならないとお触れが出た。上海、山西、湖南、内蒙古、寧夏等の景勝地では、今年の国慶節休暇期間は値上げせず、むしろ値下げや割引を行いより多くの観光客に来てもらおうとしている。

 しかしながら某メディアの取材によると、5A級風景名勝区の峨眉山の二つのロープウェーの値段がそれぞれ71%、83%値上げされていることがわかった。このほかにも広東省や浙江省でかなりの値上げが行われた観光地が確認されており、倍以上に値上げされている例もある。
 
  こんな中、四川省物価局及び成都市物価局が合同で「国慶、中秋節の価格の訓戒注意会」なるものを召集し、成都の一部の業界協会、大型マーケット、スーパー、レストラン、旅行社、駅及び空港等の経営者に対して価格に対する節度をわきまえ、法律法規を遵守し、連休の消費の多いときにみやみに費用を徴収するようなことをしてはならないと発表した。見つけた場合、最高で100万元の罰金を課すとのことだ。

  そもそも中国の観光地は中国の所得水準と比べてもその入場料は非常に高いと以前から思っていた。これが連休に入ると更に値上げされているケースが散見されていたというのだ。入場料のみならずそれ以外のホテルなどの便乗値上げの幅もかなりのものだ。100万元の罰金?これくらいやってもらわないといつまでたっても便乗値上げはなかなか収まらないだろう。国慶節休暇で旅行に行かれる方も多いと思うが、ついでに今年の価格状況を確かめてみよう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です