2009-10-20

中国発の文化発信

  中国では《文化産業振興計画》なるものがあり、これに基づいて文化産業を活性化させようとしている。中国発の文化の発信というべきだろう。この流れの中で、上海聨合産権交易所、解放日報報業集団、上海精文投資公司が連合して投資設立した上海文化産権交易所が今年6月15日に正式に開業した。設立以来、既に成約したプロジェクトが25、成約金額が11億元に達している。プロジェクトは主にアニメ、出版等の分野だ。

  上海文化産権交易所は20余りの政府機構を訪れ4つの戦略合作以降協議を締結した。また、上海以外の地域を訪問する際にも現地の関連部門からかなりの関心を受けている。逆に上海以外の地域から上海文化産権交易所から吸収しようとしている地域もあり、深圳市からは30人余りの視察団が訪れている。上海文化産権交易所は新たな商業スキームを模索しており、現在はネットワーク及び通信業についても検討している。

 確かに中国のアニメや出版といった分野はソフトとして魅力が乏しいのは否めない。コピー行為も少なくない、というよりも多すぎるくらいだ。だからこそこのプロジェクトが立ち上がったのだろうが、滑り出しはまずまずのようだ。海外からも注目されているようであり、今後の動きが楽しみといえるだろう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です