2009-11-24

2009年上半期検索キーワードランキング

  このブログにはアクセス解析機能というものを組み入れており(当時のプラットフォーム)、これによりどのようなキーワードで検索してたどり着いたかがわかるようになっている。このブログのアクセス数もそれほどたいしたことはない(読者の方々、宣伝しておくんなはれ!!!)が、何かしら傾向が見えるかもしれないと思いちょっと整理してみた。

 1月は残念ながらデータがなく、2月以降のデータのみであるが、上半期の検索キーワードで今年を振り返ってみようと思う。

2月のキーワードで目立つのが「増値税」だ。おそらくデータが残されていないが1月も「増値税」が多かったものと思われる。なにせ今年から増値税改革が行われたからだ。これにともない、固定資産の仕入れ税額控除が可能になるとともに、設備免税輸入制度が廃止された。外商投資企業向けの代表的な政策が大きく転換することをもたらした改革である。

3月になって「特別納税調整実施弁法」が上位に入ってきているが、これは2月から既にランクインしている。いわゆる移転価格に関する通達だ。これは4月にも上位にランクインされている。

また、同じく3月だがこの月のトップキーワードは「来料加工」である。4月から6月にかけても上位を占めている。1月に「来料加工」に関する記事をアップしているが、3月から6月にかけてはアップしていない。とはいうものの、この頃あたりから来料加工工場の現地法人化に注目が集まりはじめたものと思われる。

5月にはいると、就職活動が一気に上昇した。4月からランクインしているキーワードだが、5月・6月とトップをキープした。大学生の就職難の記事自体は1月と4月にアップしているが、5月あたりから注目度がアップしている。

6月には以旧換新がランクイン、ちょうど内需拡大のための買い替え補助政策が発表されたのと同じ時期だ。

こうしてみると、思いつきで整理してみたのだが、検索キーワードもなかなかそのときの関心事を示していることがわかる。次回は7月~9月分について整理してみたいと思う。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です