2009-11-26

ピザハットのサラダバー、さようなら!

  この写真を見てくだされ。

  知っている人もいるかと思うが、これは実はピザハットのサラダバーである。ビザハットのサラダバーは一回こっきりという制限があるため、多く盛れば盛るほどお得だ。そして、写真のような見事な作品が出来上がるわけだ。あたかもビルを建てるかのようにパイナップルをレンガに見立て、ドレッシングをセメントに見立て、大根を鉄筋コンクリートに見立て、とうもろこしや干しぶどうを隙間を埋めるために利用するという技が使われたりしている。まさにサラダバー職人、サラダバーマスターだ。

  ところがピザハットのメニューからサラダバーが消えつつある。さらに、新規に開設する店舗にはサラダバーというメニューが組み入れられないとのことだ。多くの人がたかだか32元のサラダバーでこんなことをされると儲からないからだという見方をしている。ピザハットはこの見方を否定し、「サラダバーは既にお客さんを満足させられなくなっている」とのコメントを出している。うーん、余り納得感がえられないコメントだ。みんな楽しんでいるのに。いずれにせよ、サラダバーというメニューがどんどんなくなっていくので、これからはサラダ建築がどんどん見られなくなってくる。ひとつの時代の終わりを告げる出来事といえるだろう(ちょっと大げさかな?)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です