2009-12-28

大卒の初任給が回復基調に

  大卒の2010年の初任給が回復基調にあるという。
  
 
企業の初任給
大学生の予想
2008年
2691元
3049元
2009年
2474元
2348元
2010年
2694元
2849元
 
  雇用側が大卒に対する初任給2694元に対し、大学生が希望する初任給は2849元、これは2008年の水準に戻りつつあるといえる。経済が回復基調にあることの証といえるだろう。トップ3は金融、ハイテクと不動産だ。全体を見てみよう。
 
  学位別に見ると、大専卒業生の平均初任給が1468元、本科卒業生の平均初任給が2036元、修士卒業生の平均初任給が2946元、博士卒業生の平均初任給が4325元となっている。学位別の違いがかなり大きいことがわかる。
 
  都市別に見ると、一級都市の卒業生給与は二級都市よりも10%程度高くなっている。北京・上海・広州・深圳等の都市の2010年の大専・本科・修士卒業生の平均初任給は2800元程度に達しており、天津等の二級都市だと2500元から2600元あたりとなっている。
 
  企業類型別に見ると、欧米独資企業の平均初任給も3649元まであがってきており、これは2009年よりも6.57%上昇している。非欧米独資企業の初任給も8.03%上がっている。国有企業と民営民营企業の上がり幅も大きく、どちらも10% を超えている。全体の卒業生給与を見た場合、卒業生の初任給は上から欧米企業、非欧米企業、国有企業と民営企業となっている。
 
  皆さんの企業でもよそがどれくらいの水準なのか気になっていることだろうし、このようなデータを参考に水準を決めているところも少なくないだろ。皆さんの企業ではどんなもんでしょうか?
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です