2010-04-16

上海のオフィス賃料が全面的に上昇へ

 上海のA級オフィス賃料が全面的に上がり始めた。

 浦東地区のオフィス賃料は昨年第4四半期に上昇し始めて以来、今年の第1四半期には5.4%上昇し、A級オフィスの上昇率はさらに高く7.7%にまで達している。

 浦西地区でも0.5%と小幅な上昇ながら、連続して6四半期にわたっての下落傾向にようやく歯止めがかかり、上昇に転じ始めた。

 第1四半期における上海A級オフィスの増加面積はわずか5000㎡に過ぎない。さすがの上海といえども空室率がかなり上昇していたので、この時期にはそれほど増えることはなかった。そして、現在の上海A級オフィスの空室率は13.7%に下落してきている。そして、今年中に上海では65万㎡もA級オフィスのスペースが増加するという予想もある。

 金融危機もあれほど騒がれたが、オフィス賃料の状況を見る限りでは、低迷した期間がそれほど長いわけでもなく、既に昔話になったといえるだろう。昨年終わりから今年頭にかけてオフィス移転や賃料を交渉した企業はラッキーでしたね!

関連記事

コメント2件

  • 札幌中島体育中心 より:

    事務所ホッピング
    そうですね。某N社もうまくやったかと・・・お引越しは大変そうだけど・・・

  • より:

    腰砕け
    某N社ですか。もっと厳しい交渉をしたかったようですが、途中から本社が介入して腰砕けの結論になったようですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です