2010-06-14

国内企業による海外での外貨留保

国内企業が輸出により回収する外貨の海外での留保が検討されている。対象となる外貨はもちろん真実、合法取引で得られるべきものだ。

国内企業が国外で口座を開設し、貨物貿易輸出代金を留保し、これらの国外で留保する資金を使用して貨物貿易対外支払いまたは批准を経た資本項目対外支払いに使用することができるようになる。国外留保資金は国内に戻す必要がなく、これにより企業の外貨送金費用及び両替コストを節減できるようになる。また、資金調整や運営計画を弾力的に行うことができるようになるとも言われている。もちろん、国外留保外貨対して報告制度が実行され、非現場モニタリング管理も実施されるが、以前では考えられなかったことである。

今後は広範に意見を募集し、それを踏まえて一部の地域で試行を開始することになるようだ。そう遠くないうちに銀行あたりからこれを利用した面白い提案が聞けるようになるでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です